インターネットfax5選/激安価格でおススメは?徹底検証

★記事タイトル <インターネットfax5選/激安価格でおススメは?徹底検証 5通目> あなたの会社ではfax専用機をお使いでしょうか。 インターネットfaxとは、fax専用機ではなく、ネットにつないだパソコンやスマホを使ってfaxを送るものです。 今回は「インターネットfax5選」として、各事業者の料金を見ていきます。 ・インターネットfaxにはさまざまな業者がある ・コスト的にfax専用機よりインターネットfaxを ・サービスの中には激安価格のものもある?! では、具体的に各社の料金をみていきましょう。 ◆月額990円の「jfax」と月額0円+通信料の「秒速fax」 インターネットfaxの「jfax」はj2 Global Japanが提供するサービスです。 登録手数料1,000円(税別、以下同じ)、月払い月額990円、年払い11,800円。 受信は100枚まで無料。送信は50枚まで無料。 「秒速fax」は株式会社Karigoの事業。 2コースあって、「秒速fax送信」は送信専用のサービス。 初期費用、月額使用料は0円。送信1は、5,000枚までは1枚10円(税込み)。 「秒速fax Plus」は受信専用。初期費用1,100円、月額基本料金520円~、受信単価は8円(基本料金を高く設定して受信単価を下げるコースあり)です。 どうやら「秒速fax」は2コースを組み合わせて使うもののようですね。 ◆月額980円の「MOVFAX」と手書きfaxを読み取る「fax ocr」 「MOVFAX(モバックス)はスタンダードプランとプレミアムプランがあります。 日本テレネット株式会社のサービスです。 スタンダードプランでは初期費用1,000円、月額使用料980円(税抜)、受信1,000枚まで無料。送信は1送信2枚まで8円。 プレミアムプランは複数のIDをとるものです。 一方、「fax ocr」とは手書きのfaxをOCRで読み取るというもので、他のインターネットfaxとは異なり、fax機が必要です。 OCRシステムは各社からでており、料金も応相談となっています。 ◆「BizFAX」は1度に3,000件あての送信が可能!国内も海外も そして最後に説明する「BizFAX」は、NTTコミュニケーションズのサービスです。 小規模事業者向けというよりは、大企業向けといってよいでしょう。 他のインターネットfaxが一度に送信できるのはたとえば50件と制限されています。 「BizFAX」はこれが3,000件で、海外も含みます。 初期費用、月額料金は無料、さらに受信料も無料です。送信料は時間帯によって区分されており、平日昼間で1枚25円、夜間及び休日で1枚19円となっています。 ◆インターネットfaxオススメは「MOVFAX」スタンダードプラン さて、以上5種のインターネットfaxサービスを紹介してきましたが、もっtもオトクなのはどれでしょうか。 一日の使用枚数によって異なってきますが、1か月で送信50枚、受信50枚で計算してみると、「MOVFAX」スタンダードプランがもっとも安いことがわかりました。 参考元 https://movfax.jp/price/ ですので、「MOVFAX」がオススメです。注意すべき点は以下のとおりです。 ・一か月の送受信枚数により最安値は異なる ・一か所で受信か、複数に振り分けるのか ・国内だけの送受信か、海外もあるのか faxの送受信枚数、時間帯などによりもっとも安いプランは変わってきます。自分の会社のfax送受信枚数がどれくらいなのか、よく考えてからインターネットfaxを申し込みましょう。

コメントを残す