インターネットFAXに導入トラブル!要注意デメリット大公開

題名:インターネットFAXに導入トラブル!要注意デメリット大公開

従来のFAX機・複合機よりも格安に利用できる「インターネットFAX」ですが、メリットとして「時間や場所に縛られない」「スマホ・パソコンでFAXの送受信ができる」というのが挙げられます。しかし便利である反面、デメリットも存在します。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

  • インターネットFAXのデメリットとは?
  • 導入するときに気をつけることとは?
  • デメリットを解決し、便利に利用するには?

(1)インターネットFAXのデメリットとは?

インターネットFAXのデメリットとして挙げられるのは「インターネット回線が必要」「想像以上にお金がかかる可能性がある」「スキャナーが必要」「プリンターが必要」の4点です。

  • インターネット回線が必要

インターネットFAXはスマホのネット通信で使っている「インターネット回線」が必要になります。常にFAXを送受信(特に受信)したい場合、常にネット回線が接続されているスマホ・パソコンが必要になります。

  • 想像以上にお金がかかる可能性がある

インターネットFAXの会社によって、総受信料の加算・計算方法が異なります。ある程度具体的に記すと「1枚あたり〇〇円」なのか「通信時間が〇〇秒で〇〇円」によって費用がだいぶ違います。

  • スキャナーが必要

インターネットFAXは「紙」ではなく、PDFなどの「デジタルデータ」を用いて送受信します。WordやExcelなら問題が無いのですが、紙媒体の資料を送信したい場合、一度スキャナーで取り込む必要があります。

  • プリンターが必要

デジタルデータで送受信をするインターネットFAXですが、受信した資料に加筆・修正をする場合プリンターが必要になります。スマホ・パソコンで加筆・修正することが難しく、一度プリントアウトしなくてはいけません。

(2)導入する際の注意点とは?

インターネットFAXを導入する際に注意すべき点として挙げるのが「料金プランが自分に適しているのか」「利用できる機能どういったものなのか」の2点です。

  • 料金プランが自分に適しているのか

自分がそのインターネットFAXを利用する際に、どれくらいの費用なのか把握する必要があります。月額料金が安くても、送受信料が高くなってしまうこともあります。

  • 利用できる機能がどういったものなのか

インターネットFAXで利用できる機能によって、デメリットの解消方法が変わってきます。これを把握することによって、費用を通常よりも抑えることが可能になります。

(3)デメリットの解消方法とは?

デメリットの解消法は2通りあり「家庭用複合機を購入する」または「機能が充実しているインターネットFAXと契約する」です。

「家庭用複合機を購入する」ことによって、スキャナーとプリンターの機能使うことができ、仕事以外のプライベートでも手軽に利用できます。

「機能が充実しているインターネットFAXと契約」することによって、家庭用複合機を購入する必要がなくなり、スマホ・パソコンでFAXの送受信が完結します。

そして「インターネット回線」については、受信はスマホで行い、送信はパソコンで行うことにより解決することができます。

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリットと導入の際の注意点、そして解決方法が分かったと思います。解決方法についてまとめると、

  • 家庭用複合機を購入する
  • 機能が充実しているインターネットFAXと契約する
  • スマホで受信、パソコンで送信を行う

と、いうことです。   

インターネットfaxはデメリット大?お勧め経費削減策大公開

題名:インターネットfaxはデメリット大?お勧め経費削減策大公開

 

従来のFAX機・複合機のレンタル・リースと比べて格安に利用できる「インターネットFAX」ですが、もちろんデメリットも存在します。そのデメリットがどういったものか解説しながら、昨今の情勢を考えて効果的な経費削減の方法を紹介します。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

  • インターネットFAXのデメリットとは?
  • デメリットの解消方法とは?
  • 効果的な経費削減術とは?

 

(1)インターネットFAXのデメリットとは?

インターネットFAXのメリットとして「格安料金」「時間や場所に縛られない」「スマホ・パソコンでFAXの送受信ができる」が挙げられますが、デメリットは以下のようなものが挙げられます。

 

  • ネット環境が必要

従来のFAX機のように固定電話回線を利用するのでなく、インターネット回線を用います。そのため、FAXの送受信にはインターネット回線が接続されている必要があります。

 

  • 修正するのにプリンターが必要

デジタルデータで送られてくる資料に〝手書き〟で加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。

 

  • 紙の資料を送信するのにスキャナーが必要

紙媒体の資料を送信する際に、一度スキャナーでデジタルデータに変換し取り込まなくてはいけません。

 

(2)デメリットの解消法とは?

先ほど挙げた「インターネット回線」「プリンター」「スキャナー」の3点ですが、解消法があります。

 

  • インターネット回線

この解決方法としては、FAXの受信に関してはスマホで、送信に関してはパソコンですることによって解決します。スマホは常にインターネット回線に接続されているので、常に受信することが可能になります。

 

  • プリンター

解決方法は2通りあって「メッセージプラスと契約」または「家庭用複合機を購入する」です。

 

「メッセージプラス」の場合、利用できる機能のなかで「手書き修正機能」というのがあり、その機能を使うことでプリントアウトすることなく修正することができます。

 

「家庭用複合機」の場合、業務用の複合機よりも格安に購入することができ、スペースもあまりとらずプライベートでも使うことができます。

 

  • スキャナー

解決方法は2通りあって「スマホカメラで撮影」または「家庭用複合機を購入」です。

 

「スマホカメラ」の場合、最近の機種は高性能カメラが搭載されているので、紙の資料をハッキリと写すことができます。

 

「家庭用複合機」の場合、上記の〝プリンター〟と同じで、格安にプライベートでも使うことができます。

 

(3)オススメの経費削減術とは?

インターネットFAXのメリットを活用し、デメリットを解消(家庭用複合機を購入)することで大幅な経費削減につながります。経費削減につながりやすいインターネットFAXとして「eFax」と「メッセージプラス」が挙げられます。

 

月額1,500円で毎月150枚までは無料でFAXの送受信ができます。151枚目以降は1枚あたり10円となっています。使える機能としてはほかのインターネットFAXと同じです。

 

月額950円で受信に関しては何枚でも無料、送信に関しては1枚あたり15円となっていて、メッセージプラス同士だと無料となっています。使える機能として「手書き修正機能」「留守番電話機能」があります。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリット、そしてそれの解決法が分かったと思います。まとめると、

 

  • デメリットは家庭用複合機を購入することで解決する!
  • 「eFax」は料金面重視!
  • 「メッセージプラス」は機能面重視!

 

ということです。

インターネットFAXにデメリット!?FAXアプリの使い易さ検証!

題名:インターネットFAXにデメリット!?FAXアプリの使い易さ検証!

昨今の新型コロナの影響でテレワーカーが増えてきました。今までオフィスでしかできなかったFAXは、個人でインターネットFAXを利用することにより、時間や場所に縛られずにFAXの送受信ができるようになりました。

そんな大変便利なインターネットFAXですが、メリットがある反面もちろんデメリットも存在します。しかし、そんなデメリットも一部のインターネットFAXでは解決することができるのです。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

● インターネットFAXのデメリットとは?
● デメリットの解消法とは?
● どのインターネットFAXがオススメなのか?

(1)インターネットFAXのデメリットと解消法とは?
● デメリット①:インターネット環境が必要・・・
インターネットFAXは固定電話回線を使わず、インターネット回線を利用します。いつでもFAXを受信するためには、常にインターネットが接続されている端末が必要になります。

● デメリット②:修正するには一度プリントアウトが必要・・・
インターネットFAXはペーパーレスで送受信ができることが魅力の1つなのですが、受信したFAXに加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。そのため、プリンターが必要となっていきます。

● デメリット③:紙媒体を送信する際にスキャナーが必要・・・
インターネットFAXで送信するときに、もともとPDFなどのデジタルデータならそのまま送信できるのですが、紙の資料を送信するときにはスキャナーでデジタルデータに変換しなくてはいけません。

● 解決方法:スマホのFAXアプリを利用する!
そんなインターネットFAXの3つのデメリットを解消することができるのが「スマホアプリ」を利用することです。おそらく、スマホはいつでもインターネット回線が接続されているので、デメリット①は解消できます。

そしてデメリット③に関しては、スマホカメラで紙の資料を撮影しアプリで送信できるので解消できます。しかし、デメリット②に関しては、会社によって解決できるところとできないところがあります。

(2)FAXアプリ①:eFax
「eFax《公式サイト》」のスマホアプリで使用できる機能は以下の通りとなっています。「eFax」残念ながらデメリット②を解消することはできません。

1. スマホカメラで撮影したものをFAXで送信可能
2. FAXの送受信がアプリで完結
3. スマホ内のコンタクトリストが利用可能

(3)FAXアプリ②:メッセージプラス
「メッセージプラス《公式サイト》」のスマホアプリで使用できる機能は以下の通りとなっています。手書き編集機能があるのでデメリット②を解消することができます。

1. スマホカメラで撮影したものをFAXで送信可能
2. FAXの送受信がアプリで完結
3. 音声メッセージの確認
4. 受信したFAXの手書き編集機能

(4)FAXアプリ③:faximo
「faximo《公式サイト》」のスマホアプリで使用できる機能は以下の通りとなっています。残念ながら「faximo」ではデメリット②を解消することができません。

1. 送受信FAXの確認・閲覧
2. FAXの送受信がアプリで完結
3. 送受信FAX画像のダウンロード
4. その他のアプリとの連携

(5)まとめ
いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリットは3つのうち2つはどの会社でもアプリで解消することができますが、残りの1つは「メッセージプラス」のみ解決できそうです。まとめると、

● FAXアプリでFAXの送受信が完結する!
● 紙の資料はスマホカメラで撮影できれば送信できる!
● 加筆・修正は「メッセージプラス」のみ端末上で可能!

ということです。   

インターネットfaxデメリットはweb環境?ありがちトラブルは?

【インターネットfaxデメリットはweb環境?ありがちトラブルは?】

日に日に進化を遂げるit環境ですが少し言語が簡略化し過ぎていてインターネットとWebが同じような意味合いで使用されているように思います。

まず、インターネットの中にある1部がWebという認識が理解しやすいのかと思いますね。
つまり、ベースがしっかりとしたもの(インターネット環境)の向上を図る事が大切となります。

次いで、インターネットの進化と共に増えつつあるインターネットfaxにもデメリットがある事を理解する事も必要となります。

・1部デジタル回線に送信出来ない
・従来使用していたfax番号をインターネットfaxに変更する際引き継げない
・ある程度のit知識が必要となる

▽1部のデジタル回線に送信出来ない場合もある!

取引先が複合機を利用している場合、稀にインターネットfaxの内容を受信出来ない状況があるのです。

これは複合機の機種によるものかと思いますが取引先に送信出来ない状況は大変困る事でしょう。
そのような場合はコンビニ等の複合機を利用し、取引先に対し配慮する必要がありますね。
多少、非効率ではありますがit化に慎重な企業もあるという事も視野に入れておきましょう。

▽従来使用していたfax番号が使用出来ない場合も!

インターネットfaxは、ペーパーレス化並びにいつでも送受信が出来る点で効率的ですが従来使用していたfax番号の変更までして導入するべきかと懸念していませんか?
確かにそれは迅速に対応したい意識から生まれる懸念材料でしょう。
しかし、番号をそのまま移行出来るナンバーポータビリティを利用する事でその懸念材料は払拭する事が可能です。

・Toones
こちらのアプリはToonesの中にあるサービスの1部となり「秒速fax」から利用出来るサービスです。
個人事業主から中小企業向けのサービス展開で細かくサービス設定が可能ですのでインターネットfaxと複合機、どちらが良いか検討中ならば提案を受けてみても良いでしょう。

▽it知識がある程度必要とされる!

従業員の雇用状況によっては、インターネット自体に抵抗があったり、知識量があまり無い内情を抱える企業もあるので、インターネットfax導入には、多少なりとも知識が必要とされますのでその点は自社で改善する、もしくは新たにit管理を任せる人材雇用が必要でしょう。

しかしながら、インターネットfaxサービス側も利用者の利便性を優先していますのでサポート面でも安心出来るかと思います。

メリットもあればデメリットもある。
それは何事にも付いて回る事です。
必要な事はデメリットを知り、そのデメリットを上回るメリットがあるならば利用するべきだという事です。

it化の進む現代社会において前向きに検討する事が重要な課題なのではないでしょうか。