faxスマホ転送?メッセージプラスよりefaxがお得な会社の特徴

<取引先からのfaxをスマホに転送したい!おすすめの方法  1通目> faxスマホ転送?メッセージプラスよりefaxがお得な会社の特徴 外回り中に取引先からファックスで緊急の連絡が届いて困った経験がある。 ここでは、そんなお悩みにお答えします! インターネットfaxを使うと、外回りで会社にいなくても スマホにファックスの転送ができ、わざわざ会社に戻らなくても確認できます。 しかもスマホからのファックスへの送信も可能なのです! ここでわかること ・スマホにfaxを転送する方法とメリット ・インターネットfaxをスマホに転送するデメリット ・スマホに転送ができるおすすめ2社のサービスをご紹介 これら3点について詳しく解説していきます。 ◆スマホにfaxを転送する方法にはどんな方法があるのか? スマホにfaxを転送する方法には、インターネットfaxを使う方法があります。 このインターネットfaxというのは、電話回線ではなくインターネットの回線を利用しファックスの送受信を行うサービスのことです。 たとえ、取引先企業が電話回線を使用していたとしても、こちら側はインターネットの回線を利用することができ、スマホでファックスを送受信することができます。 取引先のfaxの内容が自身のスマホやタブレットに転送されて見ることができるので、外回りで緊急の連絡が入った時でも会社に戻ることなく確認でき、返信することができます ◆インターネットfaxをスマホに転送するデメリットは? インターネットfaxはスマホやタブレットがあれば自動で転送され、場所を選ばず利用できるのでメリットが大きいです。 しかし、手書きの文章を送るのが不便というデメリットがあります。 取引先から書面にサインを求める内容のファックスが送られてきた場合は、スマホでは少々不便です。 スマホのアプリにPDFファイル編集用のアプリがあるので、そういったものをインストールし、手書き風に編集しなければいけません。 文字に不自然さが残らないように指でキレイに描くのは、少々面倒になるかもしれません。 その他の点ではインターネットfaxは利用しやすいサービスとなっています。 ◆スマホにfaxを転送できるおすすめ2社!送受信は無料? インターネットfaxのサービスでおすすめしているのは、「efax」と「メッセージプラス」の2社です。 この2社はインターネットfaxがPC、スマホ、タブレットなどで送受信ができます。 それ以外の他者の場合、一部対応していないところもあるので、この2社がおすすめです。 特にefaxでは、ひと月の送信数、受信数が150枚以内までは無料です。 ひと月のファックスの利用頻度が低いケースであればefaxがおすすめです。 コスパはとても高いです。 正直、ここ以外には考えにくいと思ってしまいます。 もう1つのメッセージプラスは、受信料に関しては、枚数関係なく無料です。 送信の場合は1枚15円とコストがかかります。 (メッセージプラス同士は無料) メッセージプラスは、受信は多くするけど、送信はあまりしないというケースに向いています。 この2社はサービスが似ているので最終的にはどちらもおすすめできます。

faxスマホ転送以外にも!インターネットfaxメリット大公開

★記事タイトル faxスマホ転送以外にも!インターネットfaxメリット大公開 <便利!事務所へのfaxをスマホに転送できるインターネットfax 1通目> 現在、業務書類はパソコンで作成するのが通例で、取引先にはメールに添付して送付します。 そのためfaxの使用は減りました。しかし今でもfaxを使用している業種もあるでしょう。 その場合インターネットfaxにすれば月額一定枚数まで無料で送受信できます。 ・インターネットfaxってどんなところが便利? ・インターネットfaxの気になる料金は ・インターネットfaxに手書きで返事をする裏技 以上について説明します。 ◆営業先など外回りで、スマホでfaxを無料で送受信したいとき インターネットfaxは、従来の電話回線を使うfax機と異なり、 インターネット回線を利用して指定したパソコンやスマホで送受信するものです。 相手方がfax番号に書類を送ると、インターネットに接続した機器で内容を見ることができます。 特にスマホで送受信するよう設定しておけば、外出先、出張先など、事務室にいられない場合でも、常時faxを見られるのです。 インターネットfaxには独自の電話番号が割り振られることになります。 ◆インターネットfaxは従来のfax機と比べておトクなの? 従来のfax機は、紙代やインクカートリッジ代がかかります。 代表的なインターネットfaxの「eFax」で料金をみてみましょう。 月払いプランで基本料金が月額1,500円。これに送受信それぞれ毎月150枚までは無料です。 送信をみると、NTTの電話回線でファックスを送る場合の料金は、固定費で1,700円、 毎日1枚送ったとして、県外(100キロ以内)の場合は約1,800円が追加でかかります。 なお、従来のfax機からインターネットfaxにファックス転送を行なう機能はありません。 取引先に番号が変更になることを伝えましょう。 ◆インターネットfaxに手書きで返信するにはどうしたらいい 従来のfax機であれば、紙に印刷されてでてきますので、 そこに文字を書き込んで、返信するということができました。 インターネットfaxの場合は、電子データとして送付されて来ます。 コンビニで、送られてきた書類を印刷して、そこに手書きで記入し、 カメラで撮影して送るという方法が考えられます。 しかし面倒ですよね。そこでeFaxではスマホアプリがあるのです。 このアプリを使えば、送られてきた書類に手書きで入力して、返信することができるのです。 ◆eFaxでは電話番号が選べる インターネットfaxの場合、050で始まる番号しか選べない会社もあります。 しかし050あてのfaxを送ることができない電話機もあります。 eFaxでは東京03を始めとして全国都道府県の市外局番を選ぶことができます。 ・インターネットfaxはパソコンやスマホで送受信ができる ・従来のfax機に比べてランニングコストが安い ・スマホアプリを使えば手書き入力の返信も可能 以上のことから、仕事で外出することが多い社員を抱える会社では、 インターネットfaxの導入を検討してみるといいでしょう。

スマホFAX転送NG?インターネットFAXの情報漏えいリスク検証

題名:スマホFAX転送NG?インターネットFAXの情報漏えいリスク検証

スマホやパソコンでFAXができる「インターネットFAX」、その機能の中にスマホ転送というのがあります。この機能を活用することで、情報の共有がしやすくなるのですが、情報漏洩のリスクがあります。これについて解説していこうと思います。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

  • スマホFAX転送のメリットとは?
  • スマホFAX転送のデメリットとは?
  • なぜ情報漏洩のリスクがあるのか?

(1)インターネットFAXの情報取り扱い

インターネットFAXでは様々な情報を取り扱っているため、情報セキュリティは厳しいです。また、利用者側のミス(誤送信)を減らす工夫もされています。

(2)スマホFAX転送のメリット

  • パソコンよりも機動性が高い

パソコンは画面が大きく見やすいですが、開く場所は限られてきます。スマホにFAX転送することで、ある程度場所を選ばず資料などを見ることができます。

  • 情報共有がしやすい

パソコンでの情報共有は時間や場所を選び、なるべく早く共有したいときは不便です。スマホにFAX転送することで、共有スピードを高め効率性が増します。

(3)スマホFAX転送のデメリット

  • 情報漏洩のリスクがある

パソコンよりも機動性が高いスマホにFAX転送することで、生産性・効率性が増しますが、スマホは何かと手軽に利用しがちです。そのため、情報漏洩のリスクが高まってしまいます。

  • あくまで閲覧するだけ

転送されたFAXの内容を見るだけで、編集することができません。そのため、編集したいときはパソコンでFAXを開いたり、一度プリントアウトしなくてはいけません。

(4)情報漏洩につながる要因とは?

  • 誤送信

ファック転送に限らず、メールやLINEなどで「友達に送ったはずなのに上司に・・・」なんてことをよく聞きます。またその逆もあり、会社の大事な資料を第3者に誤送信してしまうことがあります。

  • 盗み見

街中や電車の中でスマホの画面とにらめっこしている人が多く、今となっては違和感がありません。違和感がないため、他人に見られていても気付くことが少なく、第3者に情報が渡ってしまいます。

  • スマホの紛失・盗難

常に持ち歩いているスマホを紛失したり、盗難されることはない、と思いがちです。しかしその危険性は常にあり、特に外出時に要注意です。居酒屋などでお酒を飲んでいて紛失・・・というのはよくあるそうです。

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXでスマホにFAX転送するメリットがある反面、デメリットも大きいです。情報漏洩の要因についてまとめると、

  • FAX転送の相手先を間違える(誤送信)
  • スマホ画面の盗み見
  • スマホの紛失・盗難

と、いうことです。   

faxのスマホ転送可能?おすすめインターネットfax一斉比較

【faxのスマホ転送可能?おすすめインターネットfax一斉比較】

インターネットfaxには、スマートフォン非対応のサービスもあり、PCのみというサービスでは色々と業務に縛りが生じてしまうケースもあるので、理想としてはスマートフォン対応が好ましいでしょう。

・スマホでもデータという形で転送する
・人気の高いスマホ対応サービス
・実際に自社が利用するfax枚数によってサービスを選ぶ

▽スマートフォンでもデータを圧縮して転送する!

例えば、取引先から送られた必要書類を複合機で受信した場合は、担当者へどのように伝達しますか?
一般的には、担当者へ手渡し、口頭で伝達がほとんどではないでしょうか?

従業員数が多く、業務の分担が負荷なく出来る企業ならばそのままでも良いでしょう。
しかし、業務の分担が難しく複数の業務を兼用している場合、複合機からのfaxを待つ、担当者への報告等、繁盛期によっては残業時間がかかり人件費の負荷、従業員への負荷もあるのでは?

そこで、業務時間の改善も含めたインターネットfaxについてご紹介したいと思います。

▽インターネットfax、用途に合わせた利用法を!

・とにかく大量なfaxを月に送受信している場合
・efax
インターネットfax業界最大の無料送受信枚数150枚という点とPC、スマートフォン対応により業務の効率化と経費削減の両方が可能に!
月額1500円で、これだけのサービスがあるならば大量にfaxを送受信する企業には最適なアプリと言えるでしょう。

・フリーランス、受信が多い場合
・jfax
初期費用1000円、月額990円で送信50枚が無料、受信においては100枚無料なのでそこまでfaxの利用が無く、受信が多いならばこちらのサービスが良いかと思いますね。
無料分以降も、他社と同じ価格帯の1枚あたり10円なので多少オーバーした月も経費の心配は無さそうです。

・社内でデータ共有、転送する場合
・メッセージプラス
月額950円、年払いにした場合は10ヵ月分の費用で利用する事が出来ます。
そして、メッセージプラスならではのサービスが同じメッセージプラス同士ならば送受信が無料なので特に社内間でデータ共有、取引先からのfaxを転送する事が無料で行えます。
留守電機能があるので、送受信と情報共有の他に電話対応もスムーズに行えるので、人材不足でも補足出来るサービスなのではないでしょうか。

▽自社の運営スタイルに合ったサービスを!

以上のように、インターネットfaxによってもサービスは異なる部分があり、どのサービスが自社にとって有益か。
それが最大のキーポイントになるでしょう。

faxスマホ受信ならefax?おススメ理由とデメリット大検証

【faxスマホ受信ならefax?おススメ理由とデメリット大検証】

「リモートワーク」という言葉も浸透してきた昨今ですが、インターネット上にて仕事をする事も並んで浸透しています。

では、何故ここまで利用されるのか?
デメリットも踏まえて紐解いてみます。

・業務時間の短縮による人件費の見直しが可能
・従業員の過重労働が軽減される
・itには向き不向きがある

▽業務時間の短縮は、従業員のモチベーション維持にも繋がる

ブラック企業とは認識していなくても実際は定時で帰社する事に否定的な経営をしていませんか?
社員もまた定時で帰社する事に罪悪感を覚えたり、従来型の企業体制が実は全体的な効率化にはなっていないと考えて良いでしょう。

業務時間内に自らが担当する仕事が終われば帰社する。
そして翌日のモチベーション維持にも繋がると考えます。

そして、残業時間の軽減はおのずと人件費削減にも繋がっていきます。
そんな時に利用すべきインターネットなのです。
業務の効率化は経営者にとっても従業員にとってもあればあるほど良いのです。

インターネット上で経費の面から見ても取り入れ易く、利便性の高いものがインターネットfaxだと思います。

▽従業員へ過重労働は非効率且つ現代には見合わない!

よく耳にする事は、事務処理の関係上、行わなければならない無駄な時間があるという点です。
出先からまた会社に戻り、必要な書類等を受け取りまた取引先へと限られた業務時間が「移動」という点で削られるのです。

その点、インターネットfaxならば取引先からの必要書類や発注書等が個々に確認出来るので「時間」の有効活用が可能です。
またデータとして共有出来るのでわざわざ事務処理担当者へ報告する場合もその場で解決出来ます。

インターネットfaxの中でも利用者が多く、様々な業務に便利なアプリが「efax」かと思います。
ビジネス用に作られたサービスなのでPCのみならずスマートフォンにも対応、またfax番号が050~始まるインターネットfaxが多い中efaxは全国57都市の市外局番から選択可能です。
相手先が複合機の場合、050~の番号を受信出来ないケースもあるので取引先への配慮にも利便性が高いのではないでしょうか。

また各種のデータ形式に対応しているので、送受信に不便を感じる事なく利用出来るでしょう。

▽it化には慣れが必要な場合も…

デメリットとしては、使用する従業員がストレス無くit化に対応出来るかという点です。
導入は簡単ですが業務の遅延になってしまっては元も子もないですから、efaxだけに設けられた30日間のトライアル期間を利用し、社内全体の業務が向上したかを確認してから本契約が良いでしょう。

30日間以降もサポートセンターに申請しなければ契約更新となりますのでその点だけ注意して、業務の効率化を確認してみてください。

スマホFAX無料?話題のインターネットFAX大比較!

題名:スマホFAX無料?話題のインターネットFAX大比較!

新型コロナウイルスの影響を受け、日本全国で「緊急事態宣言」が発令されていますが、期間が延長される確率が非常に高いです。自営業経営者であろうとなかろうと、より一層資金のやり繰りが大変になるのは想像に難くないです。

ニュースでも度々取り上げられていますが、様々な業種で連携をとり、新たなビジネスチャンスをゲットしています。その「新しいビジネスチャンス」をつかむためにも「情報のやりとり」が重要となってきます。

「情報のやりとり」で使われる道具の筆頭がFAXだと思いますが、最近利用者が増えてきているのが従来のFAX機・複合機と異なる「インターネットFAX」です。この「インターネットFAX」の中でも料金・スマホで利用できる機能の2点について比較していこうと思います。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

● インターネットFAXを利用するメリットとは?
● 料金が最も安いのは?
● スマホでの機能が使いやすいのは?

(1)インターネットFAXを利用するメリットとは?
● ペーパーレス!
インターネットFAXは従来のFAX機・複合機と異なり、FAXの送受信に紙を一切使いません。スマホ・パソコンで完結します。従来のFAX機・複合機ですと、FAXを受信するたびに紙・インク、いわゆる「消耗品」を使います。それを一切使わないので、経費の削減にもつながります。

● 格安料金!
従来のFAX機・複合機をレンタル・リースするにも、毎月最低でも10,000円はかかります。それに加えて「消耗品代」もプラスされます。インターネットFAXの場合、普通に使う分にはだいたい毎月5,000円以下に抑えることが可能です。

● 利用する場所に縛られない!
従来のFAX機・複合機だと機械が設置してある場所でしかFAXができませんでしたが、インターネットFAXだとスマホ・パソコンで完結するので、利用する場所に縛られません。自宅であろうと、オフィスであろうと、出張先であろうといつでもFAXの送受信ができます。

(2)スマホFAX①:eFax
● 月額料金
月払いプランだと1,500円/月かかり、年払いプランだと18,000円/年かかります。送受信ともに毎月150枚までは無料で、151枚以降は10円/枚かかります。

● スマホ機能①
紙の資料や会議で使用したホワイトボードの内容をスマホのカメラで撮影し、そのままFAXすることができます。

● スマホ機能②
FAXの送受信が各ストアでダウンロードできるスマホアプリで完結します。おそらくパソコンよりもスマホの方が使い慣れているので、操作性は抜群です。

(3)スマホFAX②:メッセージプラス
● 月額料金
月払いプランだと950円/月かかり、年払いプランだと9,500円/年かかります。受信に関しては何枚でも無料ですが、送信に関しては15円/月かかります。ただし、メッセージプラス同士の場合は送信も無料となります。

● スマホ機能①
FAXの送受信がスマホアプリで完結します。端末で撮影した資料などを送信することができます。

● スマホ機能②
メッセージプラス独自の留守番電話機能を使うことができます。利用しているFAX番号にかかってきた留守番電話をスマホアプリでいつでも聞くことができます。

(4)スマホFAX③:faximo
● 月額料金
月額基本料金は1,080円/月かかりますが、請求書を郵送しない場合140円割引になり、940円/月となります。送信に関しては14円/枚かかり、受信に関しては、毎月1,000枚までは無料となっており、1,001枚以降は9円/枚かかります。

● スマホ機能
他のインターネットFAX同様、スマホアプリでFAXの送受信ができます。

(5)比較した結果・・・
● 料金
月払いプランで、FAXの送受信をそれぞれ50枚したと仮定するとそれぞれかかる費用は・・・

○ eFax:1,500円
○ メッセージプラス:1,700円
○ faximo:1,780円

つまり、eFax < メッセージプラス < faximo ということです。 ● スマホアプリ 3社ともスマホアプリの機能はあまり変わりませんが、メッセージプラスの留守番電話機能は便利だと思います。 (6)まとめ いかがだったでしょうか。インターネットFAXのメリット、そして3社の料金・スマホアプリ機能がわかったと思います。まとめると ● 料金に関してはeFaxが最も安く、次にメッセージプラス ● スマホアプリに関してはあまり変わらない・・・ ● 総合的に考えてeFaxがオススメ ということです。