まいと~くfaxでパソコン送受信?インターネットfaxお勧めは

 

インターネット回線を用いて、スマホやパソコンでfaxの送受信ができるインターネットfax、料金体系は月額基本料金にfaxの総受信料を加えたところが多いです。

いわゆるサブスクリプション型ではなく、買い切り型のインターネットfax「まいと~くfax」があるのです。そんな「まいと~くfax」について紹介していこうと思います。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

● 「まいと~くfax」の特長とは?
● 利用できる機能とは?
● 料金設定は?

(1)「まいと~くfax」の特長とは?
〝interCOM〟が提供しているfaxソフト、その中でも小規模企業向けの「まいと~くfax 9 Pro」というのがあります。特長として挙げられるのが「買い切り型」ということです。

数多くのインターネットfaxは月額定額制(サブスクリプション型)で、送受信料が加算される形でした。「まいと~くfax 9 Pro」は買い切り型で、1回購入すれば期限が切れるまで利用できます。

(2)利用できる機能とは?
利用できる機能は多く、その中でもfaxの送受信に関する機能について抜粋します。機能の詳細は「まいと~くfax《公式サイト》」にてご確認ください。

● カラー&モノクロfax送受信
● A5はA4として、B5はB4として横向きで送信
● Word/Excelからの一発送信
● ドラッグ&ドロップ送信
● 割り込み送信
● 予約送信
● 送信時間帯の指定
● IP電話回線 ➡ 一般加入回線自動切り替え
● 受信faxのEメール転送

(3)料金設定は?
● まいと~くfax 9 Pro パッケージ版
○ 料金:税抜10,800円
○ 内容物:マスターCD-ROM/ユーザーズガイド/接続ガイド(接続図一覧)/商品ユーザー登録証
● まいと~くfax 9 Pro ダウンロード版
○ 料金:税抜7,500円
● まいと~くfax 9 Pro ダウンロード版 ライセンスキーのみ
○ 料金:税抜7,500円
● まいと~くfax 9 Pro 5ユーザーパック
○ 料金:税抜35,000円
● まいと~くfax 9 Pro 10ユーザーパック
○ 料金:64,000円
● まいと~くfax 9 Pro 簡易USBモデム 特別版
○ 料金:税抜11,851円
○ 内容物:マスターCD-ROM/ユーザーズガイド/接続ガイド(接続図一覧)/商品ユーザー登録証/faxモデム本体/モジュラーケーブル1.8m/はじめにお読みください(保証書含む)/クイックスタートガイド/ドライバーCD-ROM(ユーザーマニュアル含む)

(4)なぜオススメなのか?
企業向けのfaxであるので、機能が充実しています。そして買い切り型なので、サポートが切れるまでずっと使うことができ、他のインターネットfaxよりも最終的には格安に利用できます。

fax機・複合機での利用やスマホにファックス転送することで、業務の生産性・効率性が上昇すると思います。

(5)まとめ
いかがだったでしょうか。interCOMが提供している「まいと~くfax 9 Pro」で利用できる機能・料金が分かったと思います。このfaxがオススメである理由についてまとめると、

● 小規模企業向けなので機能が充実している!
● それらを駆使することで生産性・効率性が上昇する!
● 買い切り型なのでサポートが切れるまで利用でき、最終的には費用を抑えれる!

と、言うことです。  

ツーネス秒速fax徹底検証!後悔しないインターネットFAXとは

 

fax機や複合機のレンタル・リースよりも格安に利用できるインターネットfax、設置不要で時間や場所に縛られず利用できるのは魅力的です。しかし、格安スマホと同様に使い方によっては高額になったり、安くても自分の使い方に適していな買ったりします。

そこで、ツーネスが提供している秒速faxを例に、後悔しないインターネットfaxの選び方を解説します。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

● ツーネスが提供している秒速faxとは?
● 秒速faxの料金プラン・利用できる機能とは?
● 後悔しないインターネットfaxの選び方とは?

(1)ツーネスが提供している秒速faxとは?
個人事業主・法人向けクラウドサービスを提供しているツーネス、インターネットfaxに関しては2種類あります。faxの受信に特化した「秒速fax送信《公式サイト》」、faxの受信に特化した「秒速fax Plus《公式サイト》」です。

(2)秒速faxの料金面・機能面
● 秒速fax送信《公式サイト》の「料金面」
秒速fax送信は初期費用が無料、月額基本料金も無料で、かかる費用はfaxの送信料だけです。

料金は段階的で、1ヶ月の総送信枚数が「~5,000枚:10円/枚」「5,001~10,000枚:9円/枚」「10,001~50,000枚:8円/枚」「50,001枚~:7円/枚」と設定されています。

● 秒速fax送信《公式サイト》の「機能面」
○ 予約配信機能
ブラウザfax送信時に予約配信機能が利用できます。特定の日時を指定し、その日時になると自動的にfaxが送信されます。

○ 電話帳機能
faxを送信する際に、頻度の高い送り先を登録することができ、誤送信を防ぐことができます。

○ データ自動削除機能
情報漏洩リスクを下げたりコンプライアンス面での対策で、faxの送信が成功・失敗に問わず自動的にそのfaxデータが消去されます。

● 秒速fax Plus《公式サイト》の「料金面」
秒速fax Plusに関しては、初期費用が必要で1,100円です。月額基本料金は「SOHOプラン:月額520円」「ベーシックプラン:月額840円」「ビジネスプラン:月額1,030円」となっています。

faxの受信料は「SOHOプラン:8円/枚」「ベーシックプラン:3円/枚」「ビジネスプラン:無料」となっていて、ビジネスプランに関しては過度に受信しない限り無料となっています。

● 秒速fax Plus《公式サイト》の「機能面」
メール通知機能があり、受信したfaxメールで知ることができます。

(3)後悔しないインターネットfaxの選び方
インターネットfaxで後悔しないために、確認するべきことが2つあり、「1ヶ月にどの程度faxを受信・送信するのか」「インターネットfaxの機能に求める物は何か」です。

「1ヶ月に何枚送受信するのか」を把握することで、契約しようとしている会社で1ヶ月にいくらかかるか分かるようになります。

「インターネットfaxの機能に求める物」を把握することで、契約するインターネットfaxを絞ることができ、料金面・機能面ともに比較することができます。

(4)まとめ
いかがだったでしょうか。ツーネスが提供している秒速fax(送信・Plus)の料金プラン、機能面、インターネットfaxの選び方が分かったと思います。後悔しない選び方についてまとめると、

● 1ヶ月あたりの送信枚数・受信枚数を把握!
● 使用予定の機能を把握!
● この2点からインターネットfaxの会社を選別!

と言うことです。  

インターネットfax唯一?メッセージプラスの〇〇機能のメリット

一般的なインターネットfaxで利用できる機能は主に、faxの送受信です。スマホ・パソコンで時間や場所に縛られず、faxができるのは魅力的ですが、どうしても複合機が必要になることが多いです。

今回紹介する「メッセージプラス」は、スマホ・パソコンでfaxができるだけでなく、デメリット(複合機が必要になる)を解消することができます。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

● メッセージプラスの料金体系は?
● メッセージプラスで使える機能とは?
● 機能を利用するメリットとは?

(1)メッセージプラスの料金体系
「月払いプラン」では月額税抜950円、「年払いプラン」では年額税抜9,500円(月額換算約792円)となっていて、「月払いプラン」のみ登録事務手数料として1,000円かかります。

受信料に関しては何枚でも無料で、送信料は1枚あたり税抜15円となっています。メッセージプラス同士のfaxのやりとりでは何枚でも送受信料が無料です。

(2)メッセージプラスで使える機能
● faxの送受信
一般的なインターネットfaxと同様、スマホ・パソコンでfaxの送受信ができます。

● 留守番電話機能
メッセージプラスで設定したfax番号にかかってきた留守番電話をデータ化し、いつでも確認できるようになります。

● 手書き修正機能
インターネットfaxで受信した資料に〝手書き〟で修正する際、一度プリントアウトする必要がありました。手書き修正機能を利用することで、プリントアウトせず端末上で修正することができます。

● スマホアプリ
各ストアで配信されているメッセージプラスのスマホアプリを利用することで、各種機能がアプリ内で完結します。

(3)各種機能を利用するメリットとは?
● 留守番電話機能
メッセージプラスで新たに設定したfax番号と普段使用しているプライベートの電話番号を分けることができます。公私を分けることで、誤送信を防ぐことができます。

● 手書き修正機能
一般的なインターネットfaxを最大限活用するには、複合機が必要になりました。メッセージプラスにすることで複合機が不要になり、スマホ・パソコンで完結し作業性が上昇し、複合機代・消耗品代をなくし経費削減にもつながります。

● スマホアプリ
WEBページでfaxの送受信をする際に、ログインするたびに認証・確認が必要となり、ただただ時間がかかります。スマホアプリを利用することで、ログインは最初だけなので、迅速にfaxの送受信・手書き修正機能を利用することができます。

(4)まとめ
いかがだったでしょうか。メッセージプラスの料金体系・利用できる機能・それらのメリットが分かったと思います。メリットについてまとめると・・・

● 留守番電話機能:公私を分け誤送信を防ぐ!
● 手書き修正機能:作業性が上昇&経費削減!
● スマホアプリ:迅速にfaxができる!

と言うことです。  

メッセージプラスをiPhoneで受信!インターネットFAXの使い方解説

スマホやパソコンでfaxの送受信ができるインターネットfax、紹介する「メッセージプラス」から無料で利用できるスマホアプリが出ています。そこで、日本国内でも使用者の多い「iPhone」での利用について紹介していこうと思います。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

● インターネットfaxの使い方とは?
● メッセージプラスの料金は?
● iPhone版のスマホアプリで利用できる機能とは?

(1)インターネットfaxの使い方とは?
インターネットfaxはスマホ・パソコンでfaxの送受信がWEBページで、またはスマホアプリで行うことができます。従来のfax機と比較して、時間や場所に縛られずfaxの送受信ができます。

スマホでの使い方はiPhoneでもAndroidでも変わりません。スマホアプリでも使える機能は同じで、「メッセージプラス」でインターネットfaxを利用する際に「iPhone(Android)の方が便利」というのはありません。

(2)メッセージプラスの料金体系は?
支払いプランは「月払いプラン」と「年払いプラン」の2種類あります。「月払いプラン」は税抜950円、「年払いプラン」は税抜9,500円(月額換算で税抜792円)となっています。

送信料は1枚あたり税抜15円となっていて、メッセージプラス同士の場合無料となります。受信料無料となっています。

月払いプランはクレジットカード・口座振替となっていて、年払いプランはクレジットカード・銀行振込となっています。

(3)iPhone版スマホアプリの機能とは?
各ストアから配信されているメッセージプラスのスマホアプリ、iPhone版とAndroid版での利用できる機能に差はありません。そして、スマホアプリを利用することで作業の効率性・生産性が向上します。

● ログイン情報の入力省略
WEBページではログインするたびに入力しなくてはいけませんが、スマホアプリを利用することで次回以降のログイン入力を省略することができます。

● faxの送受信
スマホアプリでfaxの送受信が完結します。スマホを開いてログインするよりも手早くログインし作業することができます。

● 音声メッセージの受信
メッセージプラスで設定したfax番号に着信した音声メッセージを受信することができます。

● 手書き修正機能
メッセージプラスの特長でもある「手書き修正機能」をスマホアプリでも利用できます。通常、手書き修正するには一度プリントアウトする必要がありましたが、この機能を利用することでプリントアウトせずに修正することができます。

● プッシュ通知機能
faxの送受信時や音声メッセージを受信した際にプッシュ通知が届きます。そのため、見逃す心配がありません。

(4)まとめ
いかがだったでしょうか。インターネットfaxの使い方やメッセージプラスの料金体系、iPhone版のスマホアプリで利用できる機能ついて分かったと思います。利用できる機能についてまとめると、

● faxの送受信
● 手書き修正機能
● 音声メッセージの受信

ということです。   

faxがpc仕様に!メール受信を可能にするファックスアプリは?

題名:faxがpc仕様に!メール受信を可能にするファックスアプリは?

 

情報の共有や新しいビジネスチャンスをつかんだりできるFAX、通常受信したFAXは紙で出力されます。出力された紙の資料を持ち運ぶにも、数枚程度なら問題がありませんが、ある程度の枚数となってくると大変です。

 

そして紙の資料の場合「ついうっかり」というのがあり「水をこぼしてしまい大事な資料が濡れてしまった!」なんてことも少なからずあると思います。

 

そこで、そんな「ついうっかり」を無くすためにも、紙のFAXをメールで受信する方法を紹介していこうと思います。

 

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

 

  • 紙のFAXをメールで受信する方法とは?
  • どんな点を重視した方が良いのか?
  • オススメの方法は?

 

(1)紙のFAXをメールで受信するには?

  1. FAX機からメール転送

FAX機に搭載されている「メール転送機能」というのを使用します。一番わかりやすい方法ですが、「メール転送機能」があるFAX機が少なく、機能付きのFAX機を導入するにも費用が通常のFAX機よりもかかります。

 

  1. FAXソフトからメール転送

パソコンのFAXソフトでFAXの送受信が可能になります。FAXの受信する時間がある程度決まっているのなら問題が無いのですが、決まっていない場合いつ受信するかわからず、1日中ネットに接続していなくてはいけません。

 

  1. インターネットFAXを利用

スマホやパソコンでFAXの送受信が可能になります。おそらくスマホは常にネットに接続されているので、常に受信することができます。しかし、資料を加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。

 

(2)PCでのメール受信で重視する点

  1. 安く利用できる

利用するにも料金がべらぼうに高くては利用するにもできません。なるべく安く運用できる方が良いと思います。

 

  1. 時間や場所に縛られない

パソコンで受信するときに時間や場所に縛られたくありません。特に「場所」に関しては在宅時であろうと外出時であろう受信できる方が良いです。仮にできなくても、解決策が具体的にあるのならそれでも良いと思います。

 

(3)オススメのメール受信方法とは?

重視した方が良い2点を満たすのは「インターネットFAX」だと思います。「安く利用できる」という点においては、だいたい毎月5,000円以下に抑えることができます。

 

そして「時間や場所に縛られない」という点においては、パソコンはもちろんスマホでも受信できます。パソコンで受信できなくてもスマホで常時受信することができるので、送信もスムーズに行うことができます。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。パソコンでFAXをメール形式で受信する方法が分かったと思います。まとめると、

 

  • 方法として「FAX機からメール転送」「FAXソフトからメール転送」「インターネットFAXの利用」
  • 重視する点は「安く利用できるかどうか」「時間や場所に縛られない」
  • オススメの方法は「インターネットFAX」

 

ということです。

faxメール転送?話題のインターネットfaxデメリットはない?

【faxメール転送?話題のインターネットfaxデメリットはない?】

経費削減として良く耳にするようになったインターネットfaxですが、従来複合機を利用していた人には本当に送受信出来るのか?
など、実際に用紙として手元に無い分不安要素があるのではないでしょうか?

・根本的な原理を理解してみる
・意外と月にかかる複合機の維持費を改善
・営業担当者の時間外業務を短縮

▽インターネットfaxにおける安心性

インターネットfaxと複合機の違う点は用紙とデータという点です。
どちらも送受信の際記録は残りますが、用紙の場合は紛失の危険性と管理の手間がかかります。
「あの資料はどこだっけ?」等の経験はありませんか?
また社内で共有出来る業務もミーティング等で伝達するひと手間が発生します。

複合機から送られた受注書、企画書などの管理をする担当者がいれば良いと思いますが、セクションによって複合機を設置している場合維持費も年間に換算してみると経費の圧迫になっている可能性があり、経費削減を目的とするならばインターネットfaxの検討も視野に入れるべきかと思います。

▽インターネットfaxと複合機の維持費は?

まず導入する際にかかる費用としてインターネットfaxの方が圧倒的に低コストです。
複合機の場合リースにしたとしても定期的なメンテナンス代が必須ですし、用紙の補充も必要となります。
しかし、インターネットfaxにもデメリットはあります。

まずインターネットfaxに慣れるまで多少時間が従業員の能力により必要となる点です。
比較的、インターネット初心者でも利用出来るようなシステムにはなっていますがインターネットならではのワードが多く、どうしても慣れないという人もいる事でしょう。
せっかく導入したは良いが従業員が不便を感じ、逆に効率が落ちてしまうケースも。

やはり、自社に合う合わないはありますので導入前にトライアル期間を設ける事をお勧めします。

▽営業担当者の業務時間が効率的に!

インターネットfaxは、個々に送受信が場所を選ばずに行えますので特に外出の多い営業担当者には便利なサービスとなるでしょう。

また、営業担当者が業務中に自社へデータを送りたい場合、自社にいる従業員へ転送する事で時間の短縮も見込めます。
この機能は、フリーランスの人にも向いているのではないでしょうか?

インターネットfaxをもし検討中であれば、スマートフォン対応のサービス展開をしている企業を選ぶ事です。
1部のインターネットfaxではスマートフォン非対応の企業もありますので、しっかりと下調べをしましょう。