固定電話faxは時代遅れ?バーチャルオフィス起業成功の秘訣

固定電話faxは時代遅れ?バーチャルオフィス起業成功の秘訣

今まさに起業を検討しているあなたは必見です。
近年の働き方改革で多彩な働き方が認められる時代です。スモールビジネスの経営者、フリーランスを中心に特定のオフィスを持たないレンタルオフィスやバーチャルオフィスが注目されています。
ここではバーチャルオフィスとは何か、バーチャルオフィスのメリットなどを解説します。

◆バーチャルオフィスとは
バーチャルオフィスとは、仮想の事務所です。
事務所を構えることなく、事業を始める際に必要な住所、電話番号などの基本的な情報を借りられるものです。バーチャルオフィスの基本的なサービスがこの「住所貸し」というものです。

◆レンタルオフィスとの違いは
レンタルオフィスは、必要な備品や通信機器などがすでに設置されている場所です。様々な人が同じフロアで仕事をするコワーキングスペースやシェアオフィスと異なり、個室となっているため、通常の貸事務所とほぼ同じ機能があります。

◆バーチャルオフィスのメリットとは
1.コストが安い
バーチャルオフィスは、レンタルオフィスより格安でオフィスを持つことができます。起業したばかりの売り上げが少ない状況でオフィスの賃料を支払うのは大きなリスクと言えます。賃料だけでなく、雑費や設備維持費などをほぼゼロにすることができます。自宅で起業するよりはコストはかかりますが、月々5,000円程度から利用できます。

2.顧客からの信頼性が高い
会社の住所は顧客から信用を得るために重要な要素です。会社の登記情報、ホームページなどから、街の一等地に会社があることで、顧客は安心して任せられます。

3.個人情報を守ることができる
フリーランスや女性起業家は自分の住所を明かさなくてもよいというメリットがあります。自宅をオフィスとして起業することもできますが、自宅が特定されることでトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

◆バーチャルオフィスのサービス内容とは
街の一等地に住所を構え、ビジネスが始められるのがバーチャルオフィスのいいところですが、他にもサービスがあります。基本サービスに含まれているものとオプションサービスのものがあり、事業者によって異なります。

1.FAX
指定したメールアドレスにFAXが届くサービスです。複合機や固定電話FAXを持たなくても、好きな場所でFAXを受け取ることができます。fax機器を設置することで、用紙代やトナー、機器のメンテナンス費用がかかります。

2.電話転送と電話秘書
指定の転送先に24時間、着信を転送してくれます。他にも、オペレーターが自社の名前で電話を受けてくれます。着信に即座に対応できることは、顧客からの信頼性を高めることにもなります。

3.郵便物の転送
届いた郵便物は即日発送され、オプションで内容を通知してくれたり、インターネットで郵便物の到着状況を調べるサービスがあります。

4.会議室の利用
バーチャルオフィスであっても、顧客と商談したり、スタッフと仕事をしたり、物理的な作業スペースが必要となることもあります。机や椅子、ホワイトボードやプロジェクターなどの設備を利用するサービスもあります。

◆まとめ
・バーチャルオフィスはオフィスを持たない仮想の事務所
・月々5,000円程度から一等地に住所を構えられる
・起業家の個人情報を守り、顧客からの信頼も高い
・FAX複合機を持つことなく、いつでもどこでもFAXを受け取れる
・電話の転送や電話秘書を利用できる
・郵便物の転送や会議室も利用できる

起業