ファックス料金無料に?faxメール受信を可能にする裏技大公開

ビジネスの中での連絡ツールとしてメールやチャットの利用が増えてきましたが、ファックスが主流という会社がまだまだ日本には多いです。ファックスのデメリットは紙やインク代といったランニングコストがかかること。そのランニングコストを無料にする手段がインターネットファックスです。

・インターネットファックスとは?

・インターネットファックスのメリットは?

・インターネットファックスを導入する方法は

以上の疑問について、これから解説をしていきます。

◆インターネットファックスとはどんなもの?

インターネットファックスとは電話回線ではなく、インターネットの回線を利用してファックスのやりとりをするシステムです。インターネット回線を使用することで、データを手持ちのパソコンや、スマートフォンで受信することが可能になり、普段のメール感覚でファックスのやりとりができるようになります。

送信はメールを送信する感覚で文章等を送れば、受信先にはファックスで受信され書類として印刷され、受信する際は送られてきた書類がメールデータやpdfファイルに変換されて受信されるので手元の端末で容易に確認することができるシステムです。

利用には提供会社によって違いはありますが、初期費用と送受信費用や月額制のプランなど運用方法に適したプランを選ぶことができます。

◆インターネットファックスにするメリットは?


自宅にファックスがない場合や、外出先で急に書類を送受信する必要があってもコンビニなどに駆け込む必要がなくなります

オフィスにファックスを常駐させておく必要もなくなるため、ファックス受信に必要だった紙代やインク代が不要になるのは費用節約にも繋がります。

また、外出自粛期間中の仕事などでファックスの利用で困った方も多かったと思います。取引先とのやり取りの方法を変えられず対応に追われた方にはインターネットファックスはおすすめです。自宅に設備を用意することなく、ファックスの環境を整えることができるのでテレワーク推進にも繋がります。

◆インターネットファックスの導入方法は?

インターネットファックスの代表的なものとして「eFAX」というサービスがあります。ここではeFAXの導入法についてご紹介します。

eFAXのホームページにある申し込みフォームにアクセス。

希望のプランを月払い(月額1500円)か年払い(18000円)から選択し希望のファックス番号を取得。あとは個人情報を入力するだけで登録は完了です。

現在30日間無料トライアルキャンペーンを実施していますのでお試しするチャンスです。

◆インターネットファックスでお得に

ファックスのやりとりが多い方にはインターネットファックスは特におすすめです。

・インターネットファックスを始める手順は簡単

・ランニングコストを抑えることができる

・環境に制限がなく、どこでもファックスのやりとりができる

などの多くのメリットがあるだけに、インターネットファックスの導入をぜひご検討ください。

メッセージプラスアプリの口コミは?faxメール受信の真実

★記事タイトル <メッセージプラスアプリの口コミは?faxメール受信の真実 3通目> fax専用機ではなく、インターネットを利用してfaxを送る場合のフリーソフトとして、Windows10に標準搭載の「Windows FAXとスキャン」があります。しかしこれはfaxモデムを利用するので、手間がかかります。そこでファックスアプリとして注目されているのが「メッセージプラス」です。 ・faxアプリ「メッセージプラス」の口コミ ・faxをネットで送受信する「efax」との違いは? ・クラウド型faxと呼ばれるものとは違うの? 今回はインターネットfaxについて特徴を説明します。 ◆インターネットfaxアプリ「メッセージプラス」の口コミ 「メッセージプラス」は、パソコンやスマホアプリでfaxを送受信するサービスです。ペーパーレスでfaxを使うことができます。さっそく口コミをみていきましょう。 引用元 インターネットFAX.jp https://www.h2a.jp/jp/about_message.html 悪い口コミ  ・メッセージプラスは、市外局番が050(IP電話)しか選べないのが不満 ・送信1枚ごとに15円(税抜)というのは、ちょっと高いかなと 良い口コミ ・届いたfaxに追記をして返信できる ・年配の方はFaxを利用頻度が高いため、予想以上に喜ばれています 受信が何枚でも無料な点も良いですよね ◆faxアプリ「efax」は基本料金が高いけれど送信無料分がある  ここで同様のfaxアプリ「efax」と値段を比較してみましょう。 「メッセージプラス」は年額9,500円(税別)。受信は何枚でも無料で、送信については、相手方も「メッセージプラス」だった場合は無料、そうでなければ1枚あたり15円(税別)がかかります。 一方「efax」は、年額18,000円(税別)で、毎月150枚まで送信・受信とも無料となっています。 また「メッセージプラス」が050で始まる番号しか選べないのに対して、「efax」では「03」や「06」など、すべての都道府県の57個の市外局番が選べます。 ◆クラウド型faxとはインターネットfaxと同じ仕組み また、クラウド型faxという名前を聞いたことがあるかもしれません。 これはペーパーレスを目的としてfaxをネットで使うと言う意味で「メッセージプラス」や「efax」と同じものです。ですが大企業で使われます。 クラウド型faxで有名な「FNX e-受信FAXサービス」は、現在のfax番号を変更することなく使用できるので、大きな利点となっています。料金は初期費用62,000円、月額使用料15,000円~です。受信は無料、送信は1枚21円です。 このサービスではクラウド上に一定期間faxのデータが保存されるので、紙を使ったfaxのように紛失や他の書類に混ざる心配がありません。 ◆ペーパーレスのためインターネットfaxの導入を検討しよう 企業ではパソコンを使った業務が当たり前になっています。インターネットfaxを使えば、faxの書類を一元管理できるわけです。 ・外出先でfaxの送受信ができるのは、大きなメリット ・fax番号が変わっても、その旨通知すればよい ・「メッセージプラス」は低料金で開始できる 利便性の向上とfaxの維持費削減の観点から、インターネットfaxの導入をひとつの選択肢として考えてみてはどうでしょうか。

FAXメール転送可?インターネットFAXの気になるデメリットとは

題名:FAXメール転送可?インターネットFAXの気になるデメリットとは

格安に利用できて、スマホ・パソコンで送受信ができる「インターネットFAX」ですが、導入するときの使用環境によっては、かえって不便になる可能性があります。そこで、導入する際の注意点となるインターネットFAXのデメリットについて解説していこうと思います。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

  • 一般的なインターネットFAXではメール転送が可能か?
  • メール転送のデメリットとは?
  • 導入するときの注意点とは?

(1)メール転送が可能か?

一般的なインターネットFAXではメール転送が可能となっています。そもそもインターネットFAX自体、FAX文書をスマホ・パソコンで送受信できます。そのため、受信するアドレスをEメールアドレスに指定することで可能となります。

(2)FAXメール転送のデメリットとは?

  • 登録できるメールアドレスが少ない

インターネットFAXで受信するためにメールアドレスを登録するのですが、そもそも登録できる枠が10個以下が多く、大人数の情報共有に向いていません。

  • 手間と時間がかかる

受信したFAXを共有する人数が「登録できるメールアドレスの数」を大幅に上回る場合、手間と時間がかかってしまい生産性・効率性が下がります。

  • 誤送信が怖い

インターネットFAXの会社から受信するFAXは情報漏洩の心配がありませんが、受信した側(利用者)から違う人に送信する場合、最も恐ろしいのが誤送信です。

大変重要な受信FAXをメール転送する際、全く関係のない人(第3者)に送信したら情報漏洩が心配です。メール転送をする際は誤送信に要注意です。

  • インターネットFAX自体が少人数向け

そもそもインターネットFAXの機能面を見てみると、企業でインターネットFAXを導入というよりかは、少人数で生産性・効率性を高めることに向いています。

(3)導入する際の注意点とは?

導入するときに注意すべき点として「自分のFAX環境がインターネットFAXに適しているかどうか」です。そして適しているかどうかを確認する際に、把握した方が良い項目は以下の通りとなっています。

  • 1ヶ月あたりの送受信FAX枚数

この枚数が極端に少ない(10枚以下)または多い(200枚以上)と、インターネットFAXでは高く感じる可能性があります。

  • 受信FAXを共有する人数

指定できるアドレスが会社によって限られてくるので、多くなってくると手間が増え時間と手間がかかり、効率性が下がってしまいます。

  • 受信FAXに加筆・修正をするかどうか

加筆・修正する場合、プリンターが必要になります。家庭用プリンターや複合機があるのであれば問題がありません。

  • 紙媒体を送信するかどうか

紙媒体の資料を送信する場合、スキャナーが必要になります。スキャナーや複合機があれば問題がありません。

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのメール転送の可否やメール転送のデメリット、導入するときの注意点がわかったと思います。デメリットについてまとめると、

  • 登録できるメールアドレスが少ない・・・
  • 大人数のメール転送は生産性・効率性が下がる・・・
  • メール転送の誤送信に細心の注意を払う!

ということです。   

faxがwebで使用可?インターネットで進化するfax事情大公開

faxがwebで使用可?インターネットで進化するfax事情大公開 2件目

WEBでFAXが利用できることをご存じでしょうか。
自営業、中小企業経営者、フリーランスの方は、複合機を設置しなければならないと考えていると思いますが、経費を削減するためにはどうすればよいのか、説明します。

◆オフィスに必要な機器とは
これから新たに開業してオフィスを構えようとしている方は、電話機やインターネット、FAXや複合機が必要となってきます。しかし、これをすべてそろえるとなると高額な資金が必要です。特にFAXを設置すると、機器の購入費だけでなく、電話回線をひく手間やひようがかかります。そこで、複合機を設置しないFAX送受信の方法があります。

◆WEBでFAXを利用する方法とは
複合機を設置せずFAXを利用する方法には、インターネットFAXがあります。インターネット回線を利用したFAX送受信サービスで、FAX複合機がなくても送受信ができるのです。FAX専用の電話回線をひく必要もなく、用紙もトナーも不要のサービスです。

◆おすすめの業者は?
メッセージプラスは、株式会社アクセルコミュニケーションズが運営する数あるインターネットFAXサービスの一つです。同じメッセージプラス利用者同士であれば、送信料も受信料も共に無料です。

◆メッセージプラスの特徴
◆お得な利用料金
利用料は、月額950円(税抜)で、受信料は無料です。送信料は1枚15円です。年額9,500円の年払いプランなら、1,900円、つまり2ヵ月分の利用料がお得になり、さらにFAX送信200枚分のサービスポイントが付いてきます。
◆完全ペーパーレス
手書き機能があり完全なペーパーレス化が可能です。届いたFAXにデータ上で書き足し、データのまま送信することができます。届いたFAXにデータ上で書き足し、かつそのFAXを印刷したりスキャナーで取り込んだりせず、データのまま送信することができます。
◆いつでもどこでも送受信
データはクラウド上のサーバで管理されており、インターネットが使えるパソコンやタブレット、スマートフォンでいつでもどこでも送受信可能です。レンタルオフィスやコワーキングスペース、移動中の新幹線やタクシーの中でも送受信ができるので、外勤や出張が多くても安心です。
◆便利な留守電機能
不在着信があったら、着信のお知らせメールが届きます。顧客からの大事な連絡にも即時対応でき、電話対応の負担を減らせます。050で始まる自分専用の電話番号が割り当てられます。この番号に録音されたメッセージは、サーバ上で管理されているので、インターネットに接続されたパソコン、スマートフォンがあればいつでもどこでも確認ができます。なお、この番号は受信専用なので注意が必要です。

◆まとめ
・オフィスを開業するには、パソコン、インターネット、電話機、複合機などたくさんの設備が必要となります。
・FAXをWEBで利用することで、高額な複合機購入費を削減できます。
・メッセージプラスなら、ペーパーレス、いつでもどこでも送受信可能、留守電機能あり、とこれから開業する人にとってうれしいサービスがあります。

faxメール受信が可能に?スマホで使えるネットfaxの正体とは

【faxメール受信が可能に?スマホで使えるネットfaxの正体とは】

今、不測の事態となり経営者の方は更なる経費削減や従業員への配慮が必要とされている現状にあります。

ここで、如何に業務を安全に平常とは言えなくとも可能な限りのサービスを利用する事が求められています。

・社内にある必要書類をスマートフォンで共有
・在宅にいながら取引先へのケアが可能
・従業員がPCを持っていなくても業務が出来る

▽インターネットfaxは送受信だけではない!

勿論、インターネットfaxというからにはfaxがメインですが、捉え方としてもう1つ、社内間での情報共有をインターネット上で送受信出来るという事です。

セクション毎に、情報を共有する事により円滑な業務が見込めます。
社内外でも、社内間でも「データ」という形で共有出来るので秘密保持や、紛失等のリスクが軽減されます。

▽在宅にいながら取引先へのケアを!

スマートフォンに対応するインターネットfaxであれば、会社にいなくとも取引先へのケアが出来るので対応が遅れるなどといった問題が解消出来るのです。

では、どのようなインターネットfaxアプリがあるのか。
数件のアプリをご紹介しますので、価格と自社の使用頻度によって候補として参考にして頂けたらと思います。

・efax
faxの送受信に加え、手書きの署名が出来るので急ぎの対応を求められた場合、すぐに対応可能な点が良いですね。
またインターネットfaxアプリでは最大枚数の送受信150枚無料、それ以降から料金が発生するので、大量に送受信する業務が多いならばefaxが最適かと思います。

・どこでもfax
こちらは、他のインターネットfaxとは異なり月額という設定では無く、送信の度に料金がかかるのですがアプリ内でポイントを購入し、そのポイントから送信するので目に見えて価格がわかるので少数のfax利用ならば逆に効率的かと思います。

・03fax
初期費用が5000円と他社に比べ高くなっていますが、受信においては無料なので特に受注書が多く送られてくる業務には大変向いているのではないでしょうか。

▽従業員へPCを支給する事なく業務が出来る!

ノートパソコン然り、社内には数台のPCは設置するでしょう。
それは経費として、削る事は出来ませんが台数を最低限に抑える事は可能です。
インターネットfaxの利便性として、PCからスマートフォンに送信し、ある程度のデータ共有と管理が可能だからです。

またスマートフォンアプリですので、インストールさえすれば当日から使用可能という点も利用価値として高いのではないでしょうか。
アプリという事を上手く利用し、業務の効率化を図ってみてはいかがでしょう。