faxのスマホ転送可能?おすすめインターネットfax一斉比較

【faxのスマホ転送可能?おすすめインターネットfax一斉比較】

インターネットfaxには、スマートフォン非対応のサービスもあり、PCのみというサービスでは色々と業務に縛りが生じてしまうケースもあるので、理想としてはスマートフォン対応が好ましいでしょう。

・スマホでもデータという形で転送する
・人気の高いスマホ対応サービス
・実際に自社が利用するfax枚数によってサービスを選ぶ

▽スマートフォンでもデータを圧縮して転送する!

例えば、取引先から送られた必要書類を複合機で受信した場合は、担当者へどのように伝達しますか?
一般的には、担当者へ手渡し、口頭で伝達がほとんどではないでしょうか?

従業員数が多く、業務の分担が負荷なく出来る企業ならばそのままでも良いでしょう。
しかし、業務の分担が難しく複数の業務を兼用している場合、複合機からのfaxを待つ、担当者への報告等、繁盛期によっては残業時間がかかり人件費の負荷、従業員への負荷もあるのでは?

そこで、業務時間の改善も含めたインターネットfaxについてご紹介したいと思います。

▽インターネットfax、用途に合わせた利用法を!

・とにかく大量なfaxを月に送受信している場合
・efax
インターネットfax業界最大の無料送受信枚数150枚という点とPC、スマートフォン対応により業務の効率化と経費削減の両方が可能に!
月額1500円で、これだけのサービスがあるならば大量にfaxを送受信する企業には最適なアプリと言えるでしょう。

・フリーランス、受信が多い場合
・jfax
初期費用1000円、月額990円で送信50枚が無料、受信においては100枚無料なのでそこまでfaxの利用が無く、受信が多いならばこちらのサービスが良いかと思いますね。
無料分以降も、他社と同じ価格帯の1枚あたり10円なので多少オーバーした月も経費の心配は無さそうです。

・社内でデータ共有、転送する場合
・メッセージプラス
月額950円、年払いにした場合は10ヵ月分の費用で利用する事が出来ます。
そして、メッセージプラスならではのサービスが同じメッセージプラス同士ならば送受信が無料なので特に社内間でデータ共有、取引先からのfaxを転送する事が無料で行えます。
留守電機能があるので、送受信と情報共有の他に電話対応もスムーズに行えるので、人材不足でも補足出来るサービスなのではないでしょうか。

▽自社の運営スタイルに合ったサービスを!

以上のように、インターネットfaxによってもサービスは異なる部分があり、どのサービスが自社にとって有益か。
それが最大のキーポイントになるでしょう。

コメントを残す