faxスマホ転送以外にも!インターネットfaxメリット大公開

★記事タイトル faxスマホ転送以外にも!インターネットfaxメリット大公開 <便利!事務所へのfaxをスマホに転送できるインターネットfax 1通目> 現在、業務書類はパソコンで作成するのが通例で、取引先にはメールに添付して送付します。 そのためfaxの使用は減りました。しかし今でもfaxを使用している業種もあるでしょう。 その場合インターネットfaxにすれば月額一定枚数まで無料で送受信できます。 ・インターネットfaxってどんなところが便利? ・インターネットfaxの気になる料金は ・インターネットfaxに手書きで返事をする裏技 以上について説明します。 ◆営業先など外回りで、スマホでfaxを無料で送受信したいとき インターネットfaxは、従来の電話回線を使うfax機と異なり、 インターネット回線を利用して指定したパソコンやスマホで送受信するものです。 相手方がfax番号に書類を送ると、インターネットに接続した機器で内容を見ることができます。 特にスマホで送受信するよう設定しておけば、外出先、出張先など、事務室にいられない場合でも、常時faxを見られるのです。 インターネットfaxには独自の電話番号が割り振られることになります。 ◆インターネットfaxは従来のfax機と比べておトクなの? 従来のfax機は、紙代やインクカートリッジ代がかかります。 代表的なインターネットfaxの「eFax」で料金をみてみましょう。 月払いプランで基本料金が月額1,500円。これに送受信それぞれ毎月150枚までは無料です。 送信をみると、NTTの電話回線でファックスを送る場合の料金は、固定費で1,700円、 毎日1枚送ったとして、県外(100キロ以内)の場合は約1,800円が追加でかかります。 なお、従来のfax機からインターネットfaxにファックス転送を行なう機能はありません。 取引先に番号が変更になることを伝えましょう。 ◆インターネットfaxに手書きで返信するにはどうしたらいい 従来のfax機であれば、紙に印刷されてでてきますので、 そこに文字を書き込んで、返信するということができました。 インターネットfaxの場合は、電子データとして送付されて来ます。 コンビニで、送られてきた書類を印刷して、そこに手書きで記入し、 カメラで撮影して送るという方法が考えられます。 しかし面倒ですよね。そこでeFaxではスマホアプリがあるのです。 このアプリを使えば、送られてきた書類に手書きで入力して、返信することができるのです。 ◆eFaxでは電話番号が選べる インターネットfaxの場合、050で始まる番号しか選べない会社もあります。 しかし050あてのfaxを送ることができない電話機もあります。 eFaxでは東京03を始めとして全国都道府県の市外局番を選ぶことができます。 ・インターネットfaxはパソコンやスマホで送受信ができる ・従来のfax機に比べてランニングコストが安い ・スマホアプリを使えば手書き入力の返信も可能 以上のことから、仕事で外出することが多い社員を抱える会社では、 インターネットfaxの導入を検討してみるといいでしょう。

コメントを残す