faxスマホ受信ならefax?おススメ理由とデメリット大検証

【faxスマホ受信ならefax?おススメ理由とデメリット大検証】

「リモートワーク」という言葉も浸透してきた昨今ですが、インターネット上にて仕事をする事も並んで浸透しています。

では、何故ここまで利用されるのか?
デメリットも踏まえて紐解いてみます。

・業務時間の短縮による人件費の見直しが可能
・従業員の過重労働が軽減される
・itには向き不向きがある

▽業務時間の短縮は、従業員のモチベーション維持にも繋がる

ブラック企業とは認識していなくても実際は定時で帰社する事に否定的な経営をしていませんか?
社員もまた定時で帰社する事に罪悪感を覚えたり、従来型の企業体制が実は全体的な効率化にはなっていないと考えて良いでしょう。

業務時間内に自らが担当する仕事が終われば帰社する。
そして翌日のモチベーション維持にも繋がると考えます。

そして、残業時間の軽減はおのずと人件費削減にも繋がっていきます。
そんな時に利用すべきインターネットなのです。
業務の効率化は経営者にとっても従業員にとってもあればあるほど良いのです。

インターネット上で経費の面から見ても取り入れ易く、利便性の高いものがインターネットfaxだと思います。

▽従業員へ過重労働は非効率且つ現代には見合わない!

よく耳にする事は、事務処理の関係上、行わなければならない無駄な時間があるという点です。
出先からまた会社に戻り、必要な書類等を受け取りまた取引先へと限られた業務時間が「移動」という点で削られるのです。

その点、インターネットfaxならば取引先からの必要書類や発注書等が個々に確認出来るので「時間」の有効活用が可能です。
またデータとして共有出来るのでわざわざ事務処理担当者へ報告する場合もその場で解決出来ます。

インターネットfaxの中でも利用者が多く、様々な業務に便利なアプリが「efax」かと思います。
ビジネス用に作られたサービスなのでPCのみならずスマートフォンにも対応、またfax番号が050~始まるインターネットfaxが多い中efaxは全国57都市の市外局番から選択可能です。
相手先が複合機の場合、050~の番号を受信出来ないケースもあるので取引先への配慮にも利便性が高いのではないでしょうか。

また各種のデータ形式に対応しているので、送受信に不便を感じる事なく利用出来るでしょう。

▽it化には慣れが必要な場合も…

デメリットとしては、使用する従業員がストレス無くit化に対応出来るかという点です。
導入は簡単ですが業務の遅延になってしまっては元も子もないですから、efaxだけに設けられた30日間のトライアル期間を利用し、社内全体の業務が向上したかを確認してから本契約が良いでしょう。

30日間以降もサポートセンターに申請しなければ契約更新となりますのでその点だけ注意して、業務の効率化を確認してみてください。

コメントを残す