インターネットfaxデメリットはweb環境?ありがちトラブルは?

【インターネットfaxデメリットはweb環境?ありがちトラブルは?】

日に日に進化を遂げるit環境ですが少し言語が簡略化し過ぎていてインターネットとWebが同じような意味合いで使用されているように思います。

まず、インターネットの中にある1部がWebという認識が理解しやすいのかと思いますね。
つまり、ベースがしっかりとしたもの(インターネット環境)の向上を図る事が大切となります。

次いで、インターネットの進化と共に増えつつあるインターネットfaxにもデメリットがある事を理解する事も必要となります。

・1部デジタル回線に送信出来ない
・従来使用していたfax番号をインターネットfaxに変更する際引き継げない
・ある程度のit知識が必要となる

▽1部のデジタル回線に送信出来ない場合もある!

取引先が複合機を利用している場合、稀にインターネットfaxの内容を受信出来ない状況があるのです。

これは複合機の機種によるものかと思いますが取引先に送信出来ない状況は大変困る事でしょう。
そのような場合はコンビニ等の複合機を利用し、取引先に対し配慮する必要がありますね。
多少、非効率ではありますがit化に慎重な企業もあるという事も視野に入れておきましょう。

▽従来使用していたfax番号が使用出来ない場合も!

インターネットfaxは、ペーパーレス化並びにいつでも送受信が出来る点で効率的ですが従来使用していたfax番号の変更までして導入するべきかと懸念していませんか?
確かにそれは迅速に対応したい意識から生まれる懸念材料でしょう。
しかし、番号をそのまま移行出来るナンバーポータビリティを利用する事でその懸念材料は払拭する事が可能です。

・Toones
こちらのアプリはToonesの中にあるサービスの1部となり「秒速fax」から利用出来るサービスです。
個人事業主から中小企業向けのサービス展開で細かくサービス設定が可能ですのでインターネットfaxと複合機、どちらが良いか検討中ならば提案を受けてみても良いでしょう。

▽it知識がある程度必要とされる!

従業員の雇用状況によっては、インターネット自体に抵抗があったり、知識量があまり無い内情を抱える企業もあるので、インターネットfax導入には、多少なりとも知識が必要とされますのでその点は自社で改善する、もしくは新たにit管理を任せる人材雇用が必要でしょう。

しかしながら、インターネットfaxサービス側も利用者の利便性を優先していますのでサポート面でも安心出来るかと思います。

メリットもあればデメリットもある。
それは何事にも付いて回る事です。
必要な事はデメリットを知り、そのデメリットを上回るメリットがあるならば利用するべきだという事です。

it化の進む現代社会において前向きに検討する事が重要な課題なのではないでしょうか。

コメントを残す