インターネットfaxは比較が重要!efaxスマホ受信無料は本当?

【インターネットfaxは比較が重要!efaxスマホ受信無料は本当?】

せっかく導入するならば良いものを!と考える事は自然な事ですよね。
インターネットfaxも然り。

では早速、比較してみましょう。

・自社の毎月使用する頻度で決める
・インターネットfaxで業務が効率化
・乗り遅れない為にインターネットfaxを!

▽自社の使用頻度をご存知ですか?

faxを多く使用する、しないという自社分析も踏まえたうえでインターネットfaxを選ぶ事も重要な要素です。
そして、スマートフォンで行えるものが良いでしょう。

様々なインターネットfaxを提供する企業がありますが、efaxが1番需要率が高いかと思います。

・efax
まずfax番号を選択する点で、全国57都市の市外局番を選ぶ事が出来るので人気の市外局番を自社のfax番号にする事も企業アピールとして魅力的です。

そして、初期費用は1000円、月額1500円ですがインターネットfaxの中で1番多い無料分送受信枚数がfaxの使用の多い企業には特に良いサービスではないでしょうか?

送受信共に150枚が無料なので使用頻度の少ない企業は無料分だけで月の業務が行えますね。

▽インターネットfaxで業務効率化を!

efaxはスマートフォンでも送受信が出来るので、営業が主な業務の人はリアルタイムで顧客への対応が可能です。
顧客管理は、早ければ早いほど良いでしょうからその点から見てもインターネットfaxの需要性は高いでしょう。

またビジネス用としてのサービスですから勿論faxの送り状も添付されますので相手側にもミスなく送信が出来るので複合機では紛失等が起こりがちなミスもインターネットfaxではありません。

全体的な業務効率化が見込めるのではないでしょうか?

▽すでに取り入れている企業に遅れをとらないように!

複合機には、維持費に重ねて場所を取る難点があり、用紙の補充や定期的なメンテナンス代と経費としてかかるものが多いので、インターネットfaxに切り替える企業が増えています。

複合機からefaxに変更する場合、番号もそのまま移行出来ますし、取引先に迷惑をかける事なく業務にも支障はさほど無いでしょう。

またefaxは、30日間のトライアル期間があるので従業員の使用した実際の声を元に導入するか検討出来る事が最大の利点と言えるでしょう。
経営者の一存で決めても従業員が不便と感じていては業務の効率化も見込めませんからね。

トライアル期間中に従業員の声も聞き、導入する流れがベストな体制でしょう。
乗り遅れない経営を見極め、導入してみましょう。

コメントを残す