インターネットfaxはデメリット大?お勧め経費削減策大公開

題名:インターネットfaxはデメリット大?お勧め経費削減策大公開

 

従来のFAX機・複合機のレンタル・リースと比べて格安に利用できる「インターネットFAX」ですが、もちろんデメリットも存在します。そのデメリットがどういったものか解説しながら、昨今の情勢を考えて効果的な経費削減の方法を紹介します。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

  • インターネットFAXのデメリットとは?
  • デメリットの解消方法とは?
  • 効果的な経費削減術とは?

 

(1)インターネットFAXのデメリットとは?

インターネットFAXのメリットとして「格安料金」「時間や場所に縛られない」「スマホ・パソコンでFAXの送受信ができる」が挙げられますが、デメリットは以下のようなものが挙げられます。

 

  • ネット環境が必要

従来のFAX機のように固定電話回線を利用するのでなく、インターネット回線を用います。そのため、FAXの送受信にはインターネット回線が接続されている必要があります。

 

  • 修正するのにプリンターが必要

デジタルデータで送られてくる資料に〝手書き〟で加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。

 

  • 紙の資料を送信するのにスキャナーが必要

紙媒体の資料を送信する際に、一度スキャナーでデジタルデータに変換し取り込まなくてはいけません。

 

(2)デメリットの解消法とは?

先ほど挙げた「インターネット回線」「プリンター」「スキャナー」の3点ですが、解消法があります。

 

  • インターネット回線

この解決方法としては、FAXの受信に関してはスマホで、送信に関してはパソコンですることによって解決します。スマホは常にインターネット回線に接続されているので、常に受信することが可能になります。

 

  • プリンター

解決方法は2通りあって「メッセージプラスと契約」または「家庭用複合機を購入する」です。

 

「メッセージプラス」の場合、利用できる機能のなかで「手書き修正機能」というのがあり、その機能を使うことでプリントアウトすることなく修正することができます。

 

「家庭用複合機」の場合、業務用の複合機よりも格安に購入することができ、スペースもあまりとらずプライベートでも使うことができます。

 

  • スキャナー

解決方法は2通りあって「スマホカメラで撮影」または「家庭用複合機を購入」です。

 

「スマホカメラ」の場合、最近の機種は高性能カメラが搭載されているので、紙の資料をハッキリと写すことができます。

 

「家庭用複合機」の場合、上記の〝プリンター〟と同じで、格安にプライベートでも使うことができます。

 

(3)オススメの経費削減術とは?

インターネットFAXのメリットを活用し、デメリットを解消(家庭用複合機を購入)することで大幅な経費削減につながります。経費削減につながりやすいインターネットFAXとして「eFax」と「メッセージプラス」が挙げられます。

 

月額1,500円で毎月150枚までは無料でFAXの送受信ができます。151枚目以降は1枚あたり10円となっています。使える機能としてはほかのインターネットFAXと同じです。

 

月額950円で受信に関しては何枚でも無料、送信に関しては1枚あたり15円となっていて、メッセージプラス同士だと無料となっています。使える機能として「手書き修正機能」「留守番電話機能」があります。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリット、そしてそれの解決法が分かったと思います。まとめると、

 

  • デメリットは家庭用複合機を購入することで解決する!
  • 「eFax」は料金面重視!
  • 「メッセージプラス」は機能面重視!

 

ということです。

コメントを残す