インターネットFAXに導入トラブル!要注意デメリット大公開

題名:インターネットFAXに導入トラブル!要注意デメリット大公開

従来のFAX機・複合機よりも格安に利用できる「インターネットFAX」ですが、メリットとして「時間や場所に縛られない」「スマホ・パソコンでFAXの送受信ができる」というのが挙げられます。しかし便利である反面、デメリットも存在します。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

  • インターネットFAXのデメリットとは?
  • 導入するときに気をつけることとは?
  • デメリットを解決し、便利に利用するには?

(1)インターネットFAXのデメリットとは?

インターネットFAXのデメリットとして挙げられるのは「インターネット回線が必要」「想像以上にお金がかかる可能性がある」「スキャナーが必要」「プリンターが必要」の4点です。

  • インターネット回線が必要

インターネットFAXはスマホのネット通信で使っている「インターネット回線」が必要になります。常にFAXを送受信(特に受信)したい場合、常にネット回線が接続されているスマホ・パソコンが必要になります。

  • 想像以上にお金がかかる可能性がある

インターネットFAXの会社によって、総受信料の加算・計算方法が異なります。ある程度具体的に記すと「1枚あたり〇〇円」なのか「通信時間が〇〇秒で〇〇円」によって費用がだいぶ違います。

  • スキャナーが必要

インターネットFAXは「紙」ではなく、PDFなどの「デジタルデータ」を用いて送受信します。WordやExcelなら問題が無いのですが、紙媒体の資料を送信したい場合、一度スキャナーで取り込む必要があります。

  • プリンターが必要

デジタルデータで送受信をするインターネットFAXですが、受信した資料に加筆・修正をする場合プリンターが必要になります。スマホ・パソコンで加筆・修正することが難しく、一度プリントアウトしなくてはいけません。

(2)導入する際の注意点とは?

インターネットFAXを導入する際に注意すべき点として挙げるのが「料金プランが自分に適しているのか」「利用できる機能どういったものなのか」の2点です。

  • 料金プランが自分に適しているのか

自分がそのインターネットFAXを利用する際に、どれくらいの費用なのか把握する必要があります。月額料金が安くても、送受信料が高くなってしまうこともあります。

  • 利用できる機能がどういったものなのか

インターネットFAXで利用できる機能によって、デメリットの解消方法が変わってきます。これを把握することによって、費用を通常よりも抑えることが可能になります。

(3)デメリットの解消方法とは?

デメリットの解消法は2通りあり「家庭用複合機を購入する」または「機能が充実しているインターネットFAXと契約する」です。

「家庭用複合機を購入する」ことによって、スキャナーとプリンターの機能使うことができ、仕事以外のプライベートでも手軽に利用できます。

「機能が充実しているインターネットFAXと契約」することによって、家庭用複合機を購入する必要がなくなり、スマホ・パソコンでFAXの送受信が完結します。

そして「インターネット回線」については、受信はスマホで行い、送信はパソコンで行うことにより解決することができます。

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリットと導入の際の注意点、そして解決方法が分かったと思います。解決方法についてまとめると、

  • 家庭用複合機を購入する
  • 機能が充実しているインターネットFAXと契約する
  • スマホで受信、パソコンで送信を行う

と、いうことです。   

faxがwebで使用可?インターネットで進化するfax事情大公開

faxがwebで使用可?インターネットで進化するfax事情大公開 2件目

WEBでFAXが利用できることをご存じでしょうか。
自営業、中小企業経営者、フリーランスの方は、複合機を設置しなければならないと考えていると思いますが、経費を削減するためにはどうすればよいのか、説明します。

◆オフィスに必要な機器とは
これから新たに開業してオフィスを構えようとしている方は、電話機やインターネット、FAXや複合機が必要となってきます。しかし、これをすべてそろえるとなると高額な資金が必要です。特にFAXを設置すると、機器の購入費だけでなく、電話回線をひく手間やひようがかかります。そこで、複合機を設置しないFAX送受信の方法があります。

◆WEBでFAXを利用する方法とは
複合機を設置せずFAXを利用する方法には、インターネットFAXがあります。インターネット回線を利用したFAX送受信サービスで、FAX複合機がなくても送受信ができるのです。FAX専用の電話回線をひく必要もなく、用紙もトナーも不要のサービスです。

◆おすすめの業者は?
メッセージプラスは、株式会社アクセルコミュニケーションズが運営する数あるインターネットFAXサービスの一つです。同じメッセージプラス利用者同士であれば、送信料も受信料も共に無料です。

◆メッセージプラスの特徴
◆お得な利用料金
利用料は、月額950円(税抜)で、受信料は無料です。送信料は1枚15円です。年額9,500円の年払いプランなら、1,900円、つまり2ヵ月分の利用料がお得になり、さらにFAX送信200枚分のサービスポイントが付いてきます。
◆完全ペーパーレス
手書き機能があり完全なペーパーレス化が可能です。届いたFAXにデータ上で書き足し、データのまま送信することができます。届いたFAXにデータ上で書き足し、かつそのFAXを印刷したりスキャナーで取り込んだりせず、データのまま送信することができます。
◆いつでもどこでも送受信
データはクラウド上のサーバで管理されており、インターネットが使えるパソコンやタブレット、スマートフォンでいつでもどこでも送受信可能です。レンタルオフィスやコワーキングスペース、移動中の新幹線やタクシーの中でも送受信ができるので、外勤や出張が多くても安心です。
◆便利な留守電機能
不在着信があったら、着信のお知らせメールが届きます。顧客からの大事な連絡にも即時対応でき、電話対応の負担を減らせます。050で始まる自分専用の電話番号が割り当てられます。この番号に録音されたメッセージは、サーバ上で管理されているので、インターネットに接続されたパソコン、スマートフォンがあればいつでもどこでも確認ができます。なお、この番号は受信専用なので注意が必要です。

◆まとめ
・オフィスを開業するには、パソコン、インターネット、電話機、複合機などたくさんの設備が必要となります。
・FAXをWEBで利用することで、高額な複合機購入費を削減できます。
・メッセージプラスなら、ペーパーレス、いつでもどこでも送受信可能、留守電機能あり、とこれから開業する人にとってうれしいサービスがあります。

インターネットfaxはデメリット大?お勧め経費削減策大公開

題名:インターネットfaxはデメリット大?お勧め経費削減策大公開

 

従来のFAX機・複合機のレンタル・リースと比べて格安に利用できる「インターネットFAX」ですが、もちろんデメリットも存在します。そのデメリットがどういったものか解説しながら、昨今の情勢を考えて効果的な経費削減の方法を紹介します。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

  • インターネットFAXのデメリットとは?
  • デメリットの解消方法とは?
  • 効果的な経費削減術とは?

 

(1)インターネットFAXのデメリットとは?

インターネットFAXのメリットとして「格安料金」「時間や場所に縛られない」「スマホ・パソコンでFAXの送受信ができる」が挙げられますが、デメリットは以下のようなものが挙げられます。

 

  • ネット環境が必要

従来のFAX機のように固定電話回線を利用するのでなく、インターネット回線を用います。そのため、FAXの送受信にはインターネット回線が接続されている必要があります。

 

  • 修正するのにプリンターが必要

デジタルデータで送られてくる資料に〝手書き〟で加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。

 

  • 紙の資料を送信するのにスキャナーが必要

紙媒体の資料を送信する際に、一度スキャナーでデジタルデータに変換し取り込まなくてはいけません。

 

(2)デメリットの解消法とは?

先ほど挙げた「インターネット回線」「プリンター」「スキャナー」の3点ですが、解消法があります。

 

  • インターネット回線

この解決方法としては、FAXの受信に関してはスマホで、送信に関してはパソコンですることによって解決します。スマホは常にインターネット回線に接続されているので、常に受信することが可能になります。

 

  • プリンター

解決方法は2通りあって「メッセージプラスと契約」または「家庭用複合機を購入する」です。

 

「メッセージプラス」の場合、利用できる機能のなかで「手書き修正機能」というのがあり、その機能を使うことでプリントアウトすることなく修正することができます。

 

「家庭用複合機」の場合、業務用の複合機よりも格安に購入することができ、スペースもあまりとらずプライベートでも使うことができます。

 

  • スキャナー

解決方法は2通りあって「スマホカメラで撮影」または「家庭用複合機を購入」です。

 

「スマホカメラ」の場合、最近の機種は高性能カメラが搭載されているので、紙の資料をハッキリと写すことができます。

 

「家庭用複合機」の場合、上記の〝プリンター〟と同じで、格安にプライベートでも使うことができます。

 

(3)オススメの経費削減術とは?

インターネットFAXのメリットを活用し、デメリットを解消(家庭用複合機を購入)することで大幅な経費削減につながります。経費削減につながりやすいインターネットFAXとして「eFax」と「メッセージプラス」が挙げられます。

 

月額1,500円で毎月150枚までは無料でFAXの送受信ができます。151枚目以降は1枚あたり10円となっています。使える機能としてはほかのインターネットFAXと同じです。

 

月額950円で受信に関しては何枚でも無料、送信に関しては1枚あたり15円となっていて、メッセージプラス同士だと無料となっています。使える機能として「手書き修正機能」「留守番電話機能」があります。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリット、そしてそれの解決法が分かったと思います。まとめると、

 

  • デメリットは家庭用複合機を購入することで解決する!
  • 「eFax」は料金面重視!
  • 「メッセージプラス」は機能面重視!

 

ということです。

faxがpc仕様に!メール受信を可能にするファックスアプリは?

題名:faxがpc仕様に!メール受信を可能にするファックスアプリは?

 

情報の共有や新しいビジネスチャンスをつかんだりできるFAX、通常受信したFAXは紙で出力されます。出力された紙の資料を持ち運ぶにも、数枚程度なら問題がありませんが、ある程度の枚数となってくると大変です。

 

そして紙の資料の場合「ついうっかり」というのがあり「水をこぼしてしまい大事な資料が濡れてしまった!」なんてことも少なからずあると思います。

 

そこで、そんな「ついうっかり」を無くすためにも、紙のFAXをメールで受信する方法を紹介していこうと思います。

 

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

 

  • 紙のFAXをメールで受信する方法とは?
  • どんな点を重視した方が良いのか?
  • オススメの方法は?

 

(1)紙のFAXをメールで受信するには?

  1. FAX機からメール転送

FAX機に搭載されている「メール転送機能」というのを使用します。一番わかりやすい方法ですが、「メール転送機能」があるFAX機が少なく、機能付きのFAX機を導入するにも費用が通常のFAX機よりもかかります。

 

  1. FAXソフトからメール転送

パソコンのFAXソフトでFAXの送受信が可能になります。FAXの受信する時間がある程度決まっているのなら問題が無いのですが、決まっていない場合いつ受信するかわからず、1日中ネットに接続していなくてはいけません。

 

  1. インターネットFAXを利用

スマホやパソコンでFAXの送受信が可能になります。おそらくスマホは常にネットに接続されているので、常に受信することができます。しかし、資料を加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。

 

(2)PCでのメール受信で重視する点

  1. 安く利用できる

利用するにも料金がべらぼうに高くては利用するにもできません。なるべく安く運用できる方が良いと思います。

 

  1. 時間や場所に縛られない

パソコンで受信するときに時間や場所に縛られたくありません。特に「場所」に関しては在宅時であろうと外出時であろう受信できる方が良いです。仮にできなくても、解決策が具体的にあるのならそれでも良いと思います。

 

(3)オススメのメール受信方法とは?

重視した方が良い2点を満たすのは「インターネットFAX」だと思います。「安く利用できる」という点においては、だいたい毎月5,000円以下に抑えることができます。

 

そして「時間や場所に縛られない」という点においては、パソコンはもちろんスマホでも受信できます。パソコンで受信できなくてもスマホで常時受信することができるので、送信もスムーズに行うことができます。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。パソコンでFAXをメール形式で受信する方法が分かったと思います。まとめると、

 

  • 方法として「FAX機からメール転送」「FAXソフトからメール転送」「インターネットFAXの利用」
  • 重視する点は「安く利用できるかどうか」「時間や場所に縛られない」
  • オススメの方法は「インターネットFAX」

 

ということです。

インターネットでfax送受信!PC用フリーソフトで対応可能?

題名:インターネットでfax送受信!PC用フリーソフトで対応可能?

 

FAXというと企業が主に使っているイメージでしたが、最近は個人でも利用している人が増加傾向にあります。FAXを利用するにあたって、FAX機・複合機を使用することが多いと思います。

 

従来のFAX機の場合、WordやExcelなどのファイルは印刷してからでないと送信できませんでした。しかし、それを解決する方法として「ネットでFAXをする」と言うのがあります。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

  • FAXのフリーソフトはオススメなのか?
  • 有料のインターネットFAXの料金体系とは?
  • インターネットFAXで使える機能とは?

 

(1)フリーソフトはオススメか?

結論から述べるとFAXのフリーソフトはオススメできません!その理由として、3点ほど挙げられます。

 

  • 日本語対応しているソフトが少ない
  • 1ヶ月に送信できる枚数が極端に少ない(5枚前後)
  • 利用できる機能が少ない

 

その解決方法として、費用がかかってしまいますが有料の「インターネットFAX」があります。その中でも、「料金面」と「機能面」でオススメのインターネットFAXを紹介します。

 

(2)おすすめインターネットFAX①

「料金面」でオススメしたいのは「eFax《公式サイト》」です。月額料金は他の会社よりも若干高いのですが、1ヶ月に無料で送受信できる枚数が多く、結果的に他の会社よりも安く利用できます。

 

  • 初期費用:1,000円
  • 月払いプラン:1,500円
  • 年払いプラン:18,000円
  • 送信料:毎月150枚までは無料(151枚目以降は1枚あたり10円)
  • 受信料:毎月150枚までは無料(151枚目以降は1枚あたり10円)
  • 支払い方法:クレジットカード/銀行振込/口座振替

 

(3)おすすめインターネットFAX②

「機能面」でオススメしたいのは「メッセージプラス《公式サイト》」です。受信したFAXに端末上で「手書き修正」ができたり、「留守番電話機能」など、他の会社と比較して機能が充実しています。

 

  • 初期費用:1,000円(年払いプランの場合は無料)
  • 月払いプラン:950円
  • 年払いプラン:9,500円
  • 送信料:1枚あたり15円(メッセージプラス同士の場合は無料)
  • 受信料:無料
  • 支払い方法:クレジットカード(月払い&年払い)/銀行振込(年払い)/口座振替(月払い)

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。従来のFAX機・複合機を使用せずにできるFAXについて分かったと思います。まとめると、

 

  • FAXのフリーソフトはオススメできない・・・
  • 料金面でオススメなのは「eFax」!
  • 機能面でオススメなのは「メッセージプラス」!

 

ということです。

インターネットFAX比較!人気のeFaxでスマホFAX無料の裏技とは?

題名:インターネットFAX比較!人気のeFaxでスマホFAX無料の裏技とは?

 

昨今のコロナにより業種によってはテレワーカーが増えてきたと思います。テレワークをする際に、連絡・情報のやりとりにビデオ通話やFAXが用いられることが多くなってきたと感じます。

 

その中でもFAXで人気が出てきているのが「インターネットFAX」です。格安に利用でき設置不要なインターネットFAXですが、スマホFAXを無料で利用できる会社を比較していこうと思います。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

  • インターネットFAX3社を比較してみてコスパが良いのは?
  • その中でも「eFax」が優れている点とは?
  • スマホFAXの機能とは?

 

(1)インターネットFAX3社比較

料金プラン、スマホ・パソコンで利用できる機能を中心に紹介します。

 

料金プランは「月払いプラン」と「年払いプラン」の2種類です。「月払いプラン」は税抜1,500円、「年払いプラン」は税抜18,000円と設定されています。毎月送受信150ページまでは無料で利用でき、151ページ目以降は1ページあたり10円となっています。

 

スマホ・パソコンで利用できる機能は一般的なインターネットFAXと同じですが、全国57の市外局番からFAX番号を選択することができます。また30日間の無料トライアル期間が設けられており、自分の使い方に適しているか実際に確かめることができます。

 

料金プランは「月払いプラン」と「年払いプラン」の2種類です。「月払いプラン」は税抜950円、「年払いプラン」は税抜9,500円と設定されています。受信に関しては何枚でも無料ですが、送信に関しては1枚あたり15円かかります。

 

スマホ・パソコンで利用できる機能は一般的なインターネットFAXの機能に加えて、留守番電話機能・手書き加工機能があります。

 

料金プランは1種類で月額税抜1,080円となっており、請求書を郵送しない場合は140円割引になります。受信に関しては1,000枚までは無料で、それ以降は1枚あたり9円かかります。送信に関しては1枚あたり14円かかります。

 

スマホ・パソコンで利用できる機能は一般的なインターネットFAXと同じです。

 

(2)eFaxが優れている点

eFaxが優れている点として挙げられるのが「毎月送受信150枚までは無料」「30日間の無料トライアル」の2点です。

 

毎月送受信150枚限界まで利用したとき、一番安く抑えることが「eFax」の1,500円です。また30日間の無料トライアル期間を最大限活用することで、1ヶ月にどれくらいFAXを刷るのか把握することができます。

 

(3)スマホFAXで利用できる機能とは?

紹介した3社はスマホ・パソコンで利用でき、なおかつスマホアプリでも利用することができます。普段使い慣れているスマホでの作業なので使い勝手は抜群だと思います。そして、スマホアプリで利用できる機能は以下の通りとなります。

 

  • 送受信がスマホアプリで完結!
  • 画像も送信可能!
  • 受信履歴を確認しやすい!

 

各ストアで配信されているスマホアプリをダウンロードすることで、簡単にFAXをすることができます。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAX3社の特長、スマホFAXでできることがわかったと思います。まとめると・・・

 

  • コスパが良いのは「eFax」!
  • 30日間の無料トライアルがある!
  • スマホアプリでFAXの送受信が完結!

 

ということです。

FAXアプリが超便利!インターネットFAX人気ランキング大公開

題名:FAXアプリが超便利!インターネットFAX人気ランキング大公開

 

従来のFAX機よりも格安に利用できるインターネットFAX、時間や場所に縛られず、どこでもスマホ・パソコンでFAXの送受信ができます。

 

大変便利なインターネットFAXですが、一部の会社ではスマホアプリが配信されていて、それを利用することで簡単にFAXの送受信が完結します。

 

インターネットFAXのスマホアプリで「機能面」を重視していますが、昨今のウイルス事情を考えると「料金面」も比較的優先する必要がありそうです。

 

この記事を読むことで、以下のようなことがわかります。

 

  • インターネットFAXランキング第3位とは?
  • インターネットFAXランキング第2位とは?
  • インターネットFAXランキング第1位とは?

 

(1)第3位「faximo《公式サイト》」

スマホアプリの基本機能として、FAXの送受信がアプリ内で完結します。追加の機能は使用しているスマホのOS(iOSまたはAndroid)によって異なります。

 

月額基本料金は請求書を郵送する場合は税抜1,080円、郵送しない場合は940円となります。日本国内のFAX送信料は1枚あたり14円、FAXの受信料は毎月1,000枚までは無料でそれ以降は1枚あたり9円となります。

 

(2)第2位「メッセージプラス《公式サイト》」

FAXの送受信がスマホアプリで完結するのに加えて、手書き修正機能、留守番電話機能があり、他のインターネットFAXよりも機能が充実しています。

 

月払いプランと年払いプランがあり、月払いの場合税抜950円、年払いの場合税抜9,500円となっています。FAXの送信料は1枚あたり15円で、メッセージプラス同士の場合は無料となっています。そしてFAXの受信料は無料です。

 

(3)第1位「eFax《公式サイト》」

スマホアプリで利用できる機能は、他のインターネットFAXと同じでFAXの送受信がアプリ内で完結します。そして紙の資料などをスマホカメラで写して、それを送信することもできます。

 

料金体系はは2種類で、月払いプランと年払いプランがあります。月払いプランの場合税抜1,500円で、年払いプランの場合18,000円で利用できます。FAXの送受信料は毎月150枚までは無料で、それ以降は1枚あたり10円となります。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。スマホアプリが便利で、格安で利用できるインターネットFAXがランキング形式でわかったと思います。まとめると、

 

  • FAXの送受信が非常に少ないなら「faximo」
  • FAXの送受信が非常に少なく機能重視なら「メッセージプラス」
  • FAXの送受信が多くなればなるほど格安な「eFax」

 

と、いうことです。

faxメール転送?話題のインターネットfaxデメリットはない?

【faxメール転送?話題のインターネットfaxデメリットはない?】

経費削減として良く耳にするようになったインターネットfaxですが、従来複合機を利用していた人には本当に送受信出来るのか?
など、実際に用紙として手元に無い分不安要素があるのではないでしょうか?

・根本的な原理を理解してみる
・意外と月にかかる複合機の維持費を改善
・営業担当者の時間外業務を短縮

▽インターネットfaxにおける安心性

インターネットfaxと複合機の違う点は用紙とデータという点です。
どちらも送受信の際記録は残りますが、用紙の場合は紛失の危険性と管理の手間がかかります。
「あの資料はどこだっけ?」等の経験はありませんか?
また社内で共有出来る業務もミーティング等で伝達するひと手間が発生します。

複合機から送られた受注書、企画書などの管理をする担当者がいれば良いと思いますが、セクションによって複合機を設置している場合維持費も年間に換算してみると経費の圧迫になっている可能性があり、経費削減を目的とするならばインターネットfaxの検討も視野に入れるべきかと思います。

▽インターネットfaxと複合機の維持費は?

まず導入する際にかかる費用としてインターネットfaxの方が圧倒的に低コストです。
複合機の場合リースにしたとしても定期的なメンテナンス代が必須ですし、用紙の補充も必要となります。
しかし、インターネットfaxにもデメリットはあります。

まずインターネットfaxに慣れるまで多少時間が従業員の能力により必要となる点です。
比較的、インターネット初心者でも利用出来るようなシステムにはなっていますがインターネットならではのワードが多く、どうしても慣れないという人もいる事でしょう。
せっかく導入したは良いが従業員が不便を感じ、逆に効率が落ちてしまうケースも。

やはり、自社に合う合わないはありますので導入前にトライアル期間を設ける事をお勧めします。

▽営業担当者の業務時間が効率的に!

インターネットfaxは、個々に送受信が場所を選ばずに行えますので特に外出の多い営業担当者には便利なサービスとなるでしょう。

また、営業担当者が業務中に自社へデータを送りたい場合、自社にいる従業員へ転送する事で時間の短縮も見込めます。
この機能は、フリーランスの人にも向いているのではないでしょうか?

インターネットfaxをもし検討中であれば、スマートフォン対応のサービス展開をしている企業を選ぶ事です。
1部のインターネットfaxではスマートフォン非対応の企業もありますので、しっかりと下調べをしましょう。

faxメール受信が可能に?スマホで使えるネットfaxの正体とは

【faxメール受信が可能に?スマホで使えるネットfaxの正体とは】

今、不測の事態となり経営者の方は更なる経費削減や従業員への配慮が必要とされている現状にあります。

ここで、如何に業務を安全に平常とは言えなくとも可能な限りのサービスを利用する事が求められています。

・社内にある必要書類をスマートフォンで共有
・在宅にいながら取引先へのケアが可能
・従業員がPCを持っていなくても業務が出来る

▽インターネットfaxは送受信だけではない!

勿論、インターネットfaxというからにはfaxがメインですが、捉え方としてもう1つ、社内間での情報共有をインターネット上で送受信出来るという事です。

セクション毎に、情報を共有する事により円滑な業務が見込めます。
社内外でも、社内間でも「データ」という形で共有出来るので秘密保持や、紛失等のリスクが軽減されます。

▽在宅にいながら取引先へのケアを!

スマートフォンに対応するインターネットfaxであれば、会社にいなくとも取引先へのケアが出来るので対応が遅れるなどといった問題が解消出来るのです。

では、どのようなインターネットfaxアプリがあるのか。
数件のアプリをご紹介しますので、価格と自社の使用頻度によって候補として参考にして頂けたらと思います。

・efax
faxの送受信に加え、手書きの署名が出来るので急ぎの対応を求められた場合、すぐに対応可能な点が良いですね。
またインターネットfaxアプリでは最大枚数の送受信150枚無料、それ以降から料金が発生するので、大量に送受信する業務が多いならばefaxが最適かと思います。

・どこでもfax
こちらは、他のインターネットfaxとは異なり月額という設定では無く、送信の度に料金がかかるのですがアプリ内でポイントを購入し、そのポイントから送信するので目に見えて価格がわかるので少数のfax利用ならば逆に効率的かと思います。

・03fax
初期費用が5000円と他社に比べ高くなっていますが、受信においては無料なので特に受注書が多く送られてくる業務には大変向いているのではないでしょうか。

▽従業員へPCを支給する事なく業務が出来る!

ノートパソコン然り、社内には数台のPCは設置するでしょう。
それは経費として、削る事は出来ませんが台数を最低限に抑える事は可能です。
インターネットfaxの利便性として、PCからスマートフォンに送信し、ある程度のデータ共有と管理が可能だからです。

またスマートフォンアプリですので、インストールさえすれば当日から使用可能という点も利用価値として高いのではないでしょうか。
アプリという事を上手く利用し、業務の効率化を図ってみてはいかがでしょう。

faxのスマホ転送可能?おすすめインターネットfax一斉比較

【faxのスマホ転送可能?おすすめインターネットfax一斉比較】

インターネットfaxには、スマートフォン非対応のサービスもあり、PCのみというサービスでは色々と業務に縛りが生じてしまうケースもあるので、理想としてはスマートフォン対応が好ましいでしょう。

・スマホでもデータという形で転送する
・人気の高いスマホ対応サービス
・実際に自社が利用するfax枚数によってサービスを選ぶ

▽スマートフォンでもデータを圧縮して転送する!

例えば、取引先から送られた必要書類を複合機で受信した場合は、担当者へどのように伝達しますか?
一般的には、担当者へ手渡し、口頭で伝達がほとんどではないでしょうか?

従業員数が多く、業務の分担が負荷なく出来る企業ならばそのままでも良いでしょう。
しかし、業務の分担が難しく複数の業務を兼用している場合、複合機からのfaxを待つ、担当者への報告等、繁盛期によっては残業時間がかかり人件費の負荷、従業員への負荷もあるのでは?

そこで、業務時間の改善も含めたインターネットfaxについてご紹介したいと思います。

▽インターネットfax、用途に合わせた利用法を!

・とにかく大量なfaxを月に送受信している場合
・efax
インターネットfax業界最大の無料送受信枚数150枚という点とPC、スマートフォン対応により業務の効率化と経費削減の両方が可能に!
月額1500円で、これだけのサービスがあるならば大量にfaxを送受信する企業には最適なアプリと言えるでしょう。

・フリーランス、受信が多い場合
・jfax
初期費用1000円、月額990円で送信50枚が無料、受信においては100枚無料なのでそこまでfaxの利用が無く、受信が多いならばこちらのサービスが良いかと思いますね。
無料分以降も、他社と同じ価格帯の1枚あたり10円なので多少オーバーした月も経費の心配は無さそうです。

・社内でデータ共有、転送する場合
・メッセージプラス
月額950円、年払いにした場合は10ヵ月分の費用で利用する事が出来ます。
そして、メッセージプラスならではのサービスが同じメッセージプラス同士ならば送受信が無料なので特に社内間でデータ共有、取引先からのfaxを転送する事が無料で行えます。
留守電機能があるので、送受信と情報共有の他に電話対応もスムーズに行えるので、人材不足でも補足出来るサービスなのではないでしょうか。

▽自社の運営スタイルに合ったサービスを!

以上のように、インターネットfaxによってもサービスは異なる部分があり、どのサービスが自社にとって有益か。
それが最大のキーポイントになるでしょう。