faxスマホ転送以外にも!インターネットfaxメリット大公開

★記事タイトル faxスマホ転送以外にも!インターネットfaxメリット大公開 <便利!事務所へのfaxをスマホに転送できるインターネットfax 1通目> 現在、業務書類はパソコンで作成するのが通例で、取引先にはメールに添付して送付します。 そのためfaxの使用は減りました。しかし今でもfaxを使用している業種もあるでしょう。 その場合インターネットfaxにすれば月額一定枚数まで無料で送受信できます。 ・インターネットfaxってどんなところが便利? ・インターネットfaxの気になる料金は ・インターネットfaxに手書きで返事をする裏技 以上について説明します。 ◆営業先など外回りで、スマホでfaxを無料で送受信したいとき インターネットfaxは、従来の電話回線を使うfax機と異なり、 インターネット回線を利用して指定したパソコンやスマホで送受信するものです。 相手方がfax番号に書類を送ると、インターネットに接続した機器で内容を見ることができます。 特にスマホで送受信するよう設定しておけば、外出先、出張先など、事務室にいられない場合でも、常時faxを見られるのです。 インターネットfaxには独自の電話番号が割り振られることになります。 ◆インターネットfaxは従来のfax機と比べておトクなの? 従来のfax機は、紙代やインクカートリッジ代がかかります。 代表的なインターネットfaxの「eFax」で料金をみてみましょう。 月払いプランで基本料金が月額1,500円。これに送受信それぞれ毎月150枚までは無料です。 送信をみると、NTTの電話回線でファックスを送る場合の料金は、固定費で1,700円、 毎日1枚送ったとして、県外(100キロ以内)の場合は約1,800円が追加でかかります。 なお、従来のfax機からインターネットfaxにファックス転送を行なう機能はありません。 取引先に番号が変更になることを伝えましょう。 ◆インターネットfaxに手書きで返信するにはどうしたらいい 従来のfax機であれば、紙に印刷されてでてきますので、 そこに文字を書き込んで、返信するということができました。 インターネットfaxの場合は、電子データとして送付されて来ます。 コンビニで、送られてきた書類を印刷して、そこに手書きで記入し、 カメラで撮影して送るという方法が考えられます。 しかし面倒ですよね。そこでeFaxではスマホアプリがあるのです。 このアプリを使えば、送られてきた書類に手書きで入力して、返信することができるのです。 ◆eFaxでは電話番号が選べる インターネットfaxの場合、050で始まる番号しか選べない会社もあります。 しかし050あてのfaxを送ることができない電話機もあります。 eFaxでは東京03を始めとして全国都道府県の市外局番を選ぶことができます。 ・インターネットfaxはパソコンやスマホで送受信ができる ・従来のfax機に比べてランニングコストが安い ・スマホアプリを使えば手書き入力の返信も可能 以上のことから、仕事で外出することが多い社員を抱える会社では、 インターネットfaxの導入を検討してみるといいでしょう。

スマホFAX転送NG?インターネットFAXの情報漏えいリスク検証

題名:スマホFAX転送NG?インターネットFAXの情報漏えいリスク検証

スマホやパソコンでFAXができる「インターネットFAX」、その機能の中にスマホ転送というのがあります。この機能を活用することで、情報の共有がしやすくなるのですが、情報漏洩のリスクがあります。これについて解説していこうと思います。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

  • スマホFAX転送のメリットとは?
  • スマホFAX転送のデメリットとは?
  • なぜ情報漏洩のリスクがあるのか?

(1)インターネットFAXの情報取り扱い

インターネットFAXでは様々な情報を取り扱っているため、情報セキュリティは厳しいです。また、利用者側のミス(誤送信)を減らす工夫もされています。

(2)スマホFAX転送のメリット

  • パソコンよりも機動性が高い

パソコンは画面が大きく見やすいですが、開く場所は限られてきます。スマホにFAX転送することで、ある程度場所を選ばず資料などを見ることができます。

  • 情報共有がしやすい

パソコンでの情報共有は時間や場所を選び、なるべく早く共有したいときは不便です。スマホにFAX転送することで、共有スピードを高め効率性が増します。

(3)スマホFAX転送のデメリット

  • 情報漏洩のリスクがある

パソコンよりも機動性が高いスマホにFAX転送することで、生産性・効率性が増しますが、スマホは何かと手軽に利用しがちです。そのため、情報漏洩のリスクが高まってしまいます。

  • あくまで閲覧するだけ

転送されたFAXの内容を見るだけで、編集することができません。そのため、編集したいときはパソコンでFAXを開いたり、一度プリントアウトしなくてはいけません。

(4)情報漏洩につながる要因とは?

  • 誤送信

ファック転送に限らず、メールやLINEなどで「友達に送ったはずなのに上司に・・・」なんてことをよく聞きます。またその逆もあり、会社の大事な資料を第3者に誤送信してしまうことがあります。

  • 盗み見

街中や電車の中でスマホの画面とにらめっこしている人が多く、今となっては違和感がありません。違和感がないため、他人に見られていても気付くことが少なく、第3者に情報が渡ってしまいます。

  • スマホの紛失・盗難

常に持ち歩いているスマホを紛失したり、盗難されることはない、と思いがちです。しかしその危険性は常にあり、特に外出時に要注意です。居酒屋などでお酒を飲んでいて紛失・・・というのはよくあるそうです。

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXでスマホにFAX転送するメリットがある反面、デメリットも大きいです。情報漏洩の要因についてまとめると、

  • FAX転送の相手先を間違える(誤送信)
  • スマホ画面の盗み見
  • スマホの紛失・盗難

と、いうことです。   

FAXメール転送可?インターネットFAXの気になるデメリットとは

題名:FAXメール転送可?インターネットFAXの気になるデメリットとは

格安に利用できて、スマホ・パソコンで送受信ができる「インターネットFAX」ですが、導入するときの使用環境によっては、かえって不便になる可能性があります。そこで、導入する際の注意点となるインターネットFAXのデメリットについて解説していこうと思います。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

  • 一般的なインターネットFAXではメール転送が可能か?
  • メール転送のデメリットとは?
  • 導入するときの注意点とは?

(1)メール転送が可能か?

一般的なインターネットFAXではメール転送が可能となっています。そもそもインターネットFAX自体、FAX文書をスマホ・パソコンで送受信できます。そのため、受信するアドレスをEメールアドレスに指定することで可能となります。

(2)FAXメール転送のデメリットとは?

  • 登録できるメールアドレスが少ない

インターネットFAXで受信するためにメールアドレスを登録するのですが、そもそも登録できる枠が10個以下が多く、大人数の情報共有に向いていません。

  • 手間と時間がかかる

受信したFAXを共有する人数が「登録できるメールアドレスの数」を大幅に上回る場合、手間と時間がかかってしまい生産性・効率性が下がります。

  • 誤送信が怖い

インターネットFAXの会社から受信するFAXは情報漏洩の心配がありませんが、受信した側(利用者)から違う人に送信する場合、最も恐ろしいのが誤送信です。

大変重要な受信FAXをメール転送する際、全く関係のない人(第3者)に送信したら情報漏洩が心配です。メール転送をする際は誤送信に要注意です。

  • インターネットFAX自体が少人数向け

そもそもインターネットFAXの機能面を見てみると、企業でインターネットFAXを導入というよりかは、少人数で生産性・効率性を高めることに向いています。

(3)導入する際の注意点とは?

導入するときに注意すべき点として「自分のFAX環境がインターネットFAXに適しているかどうか」です。そして適しているかどうかを確認する際に、把握した方が良い項目は以下の通りとなっています。

  • 1ヶ月あたりの送受信FAX枚数

この枚数が極端に少ない(10枚以下)または多い(200枚以上)と、インターネットFAXでは高く感じる可能性があります。

  • 受信FAXを共有する人数

指定できるアドレスが会社によって限られてくるので、多くなってくると手間が増え時間と手間がかかり、効率性が下がってしまいます。

  • 受信FAXに加筆・修正をするかどうか

加筆・修正する場合、プリンターが必要になります。家庭用プリンターや複合機があるのであれば問題がありません。

  • 紙媒体を送信するかどうか

紙媒体の資料を送信する場合、スキャナーが必要になります。スキャナーや複合機があれば問題がありません。

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのメール転送の可否やメール転送のデメリット、導入するときの注意点がわかったと思います。デメリットについてまとめると、

  • 登録できるメールアドレスが少ない・・・
  • 大人数のメール転送は生産性・効率性が下がる・・・
  • メール転送の誤送信に細心の注意を払う!

ということです。   

インターネットFAXに導入トラブル!要注意デメリット大公開

題名:インターネットFAXに導入トラブル!要注意デメリット大公開

従来のFAX機・複合機よりも格安に利用できる「インターネットFAX」ですが、メリットとして「時間や場所に縛られない」「スマホ・パソコンでFAXの送受信ができる」というのが挙げられます。しかし便利である反面、デメリットも存在します。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

  • インターネットFAXのデメリットとは?
  • 導入するときに気をつけることとは?
  • デメリットを解決し、便利に利用するには?

(1)インターネットFAXのデメリットとは?

インターネットFAXのデメリットとして挙げられるのは「インターネット回線が必要」「想像以上にお金がかかる可能性がある」「スキャナーが必要」「プリンターが必要」の4点です。

  • インターネット回線が必要

インターネットFAXはスマホのネット通信で使っている「インターネット回線」が必要になります。常にFAXを送受信(特に受信)したい場合、常にネット回線が接続されているスマホ・パソコンが必要になります。

  • 想像以上にお金がかかる可能性がある

インターネットFAXの会社によって、総受信料の加算・計算方法が異なります。ある程度具体的に記すと「1枚あたり〇〇円」なのか「通信時間が〇〇秒で〇〇円」によって費用がだいぶ違います。

  • スキャナーが必要

インターネットFAXは「紙」ではなく、PDFなどの「デジタルデータ」を用いて送受信します。WordやExcelなら問題が無いのですが、紙媒体の資料を送信したい場合、一度スキャナーで取り込む必要があります。

  • プリンターが必要

デジタルデータで送受信をするインターネットFAXですが、受信した資料に加筆・修正をする場合プリンターが必要になります。スマホ・パソコンで加筆・修正することが難しく、一度プリントアウトしなくてはいけません。

(2)導入する際の注意点とは?

インターネットFAXを導入する際に注意すべき点として挙げるのが「料金プランが自分に適しているのか」「利用できる機能どういったものなのか」の2点です。

  • 料金プランが自分に適しているのか

自分がそのインターネットFAXを利用する際に、どれくらいの費用なのか把握する必要があります。月額料金が安くても、送受信料が高くなってしまうこともあります。

  • 利用できる機能がどういったものなのか

インターネットFAXで利用できる機能によって、デメリットの解消方法が変わってきます。これを把握することによって、費用を通常よりも抑えることが可能になります。

(3)デメリットの解消方法とは?

デメリットの解消法は2通りあり「家庭用複合機を購入する」または「機能が充実しているインターネットFAXと契約する」です。

「家庭用複合機を購入する」ことによって、スキャナーとプリンターの機能使うことができ、仕事以外のプライベートでも手軽に利用できます。

「機能が充実しているインターネットFAXと契約」することによって、家庭用複合機を購入する必要がなくなり、スマホ・パソコンでFAXの送受信が完結します。

そして「インターネット回線」については、受信はスマホで行い、送信はパソコンで行うことにより解決することができます。

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリットと導入の際の注意点、そして解決方法が分かったと思います。解決方法についてまとめると、

  • 家庭用複合機を購入する
  • 機能が充実しているインターネットFAXと契約する
  • スマホで受信、パソコンで送信を行う

と、いうことです。   

faxがwebで使用可?インターネットで進化するfax事情大公開

faxがwebで使用可?インターネットで進化するfax事情大公開 2件目

WEBでFAXが利用できることをご存じでしょうか。
自営業、中小企業経営者、フリーランスの方は、複合機を設置しなければならないと考えていると思いますが、経費を削減するためにはどうすればよいのか、説明します。

◆オフィスに必要な機器とは
これから新たに開業してオフィスを構えようとしている方は、電話機やインターネット、FAXや複合機が必要となってきます。しかし、これをすべてそろえるとなると高額な資金が必要です。特にFAXを設置すると、機器の購入費だけでなく、電話回線をひく手間やひようがかかります。そこで、複合機を設置しないFAX送受信の方法があります。

◆WEBでFAXを利用する方法とは
複合機を設置せずFAXを利用する方法には、インターネットFAXがあります。インターネット回線を利用したFAX送受信サービスで、FAX複合機がなくても送受信ができるのです。FAX専用の電話回線をひく必要もなく、用紙もトナーも不要のサービスです。

◆おすすめの業者は?
メッセージプラスは、株式会社アクセルコミュニケーションズが運営する数あるインターネットFAXサービスの一つです。同じメッセージプラス利用者同士であれば、送信料も受信料も共に無料です。

◆メッセージプラスの特徴
◆お得な利用料金
利用料は、月額950円(税抜)で、受信料は無料です。送信料は1枚15円です。年額9,500円の年払いプランなら、1,900円、つまり2ヵ月分の利用料がお得になり、さらにFAX送信200枚分のサービスポイントが付いてきます。
◆完全ペーパーレス
手書き機能があり完全なペーパーレス化が可能です。届いたFAXにデータ上で書き足し、データのまま送信することができます。届いたFAXにデータ上で書き足し、かつそのFAXを印刷したりスキャナーで取り込んだりせず、データのまま送信することができます。
◆いつでもどこでも送受信
データはクラウド上のサーバで管理されており、インターネットが使えるパソコンやタブレット、スマートフォンでいつでもどこでも送受信可能です。レンタルオフィスやコワーキングスペース、移動中の新幹線やタクシーの中でも送受信ができるので、外勤や出張が多くても安心です。
◆便利な留守電機能
不在着信があったら、着信のお知らせメールが届きます。顧客からの大事な連絡にも即時対応でき、電話対応の負担を減らせます。050で始まる自分専用の電話番号が割り当てられます。この番号に録音されたメッセージは、サーバ上で管理されているので、インターネットに接続されたパソコン、スマートフォンがあればいつでもどこでも確認ができます。なお、この番号は受信専用なので注意が必要です。

◆まとめ
・オフィスを開業するには、パソコン、インターネット、電話機、複合機などたくさんの設備が必要となります。
・FAXをWEBで利用することで、高額な複合機購入費を削減できます。
・メッセージプラスなら、ペーパーレス、いつでもどこでも送受信可能、留守電機能あり、とこれから開業する人にとってうれしいサービスがあります。

インターネットfaxはデメリット大?お勧め経費削減策大公開

題名:インターネットfaxはデメリット大?お勧め経費削減策大公開

 

従来のFAX機・複合機のレンタル・リースと比べて格安に利用できる「インターネットFAX」ですが、もちろんデメリットも存在します。そのデメリットがどういったものか解説しながら、昨今の情勢を考えて効果的な経費削減の方法を紹介します。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

  • インターネットFAXのデメリットとは?
  • デメリットの解消方法とは?
  • 効果的な経費削減術とは?

 

(1)インターネットFAXのデメリットとは?

インターネットFAXのメリットとして「格安料金」「時間や場所に縛られない」「スマホ・パソコンでFAXの送受信ができる」が挙げられますが、デメリットは以下のようなものが挙げられます。

 

  • ネット環境が必要

従来のFAX機のように固定電話回線を利用するのでなく、インターネット回線を用います。そのため、FAXの送受信にはインターネット回線が接続されている必要があります。

 

  • 修正するのにプリンターが必要

デジタルデータで送られてくる資料に〝手書き〟で加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。

 

  • 紙の資料を送信するのにスキャナーが必要

紙媒体の資料を送信する際に、一度スキャナーでデジタルデータに変換し取り込まなくてはいけません。

 

(2)デメリットの解消法とは?

先ほど挙げた「インターネット回線」「プリンター」「スキャナー」の3点ですが、解消法があります。

 

  • インターネット回線

この解決方法としては、FAXの受信に関してはスマホで、送信に関してはパソコンですることによって解決します。スマホは常にインターネット回線に接続されているので、常に受信することが可能になります。

 

  • プリンター

解決方法は2通りあって「メッセージプラスと契約」または「家庭用複合機を購入する」です。

 

「メッセージプラス」の場合、利用できる機能のなかで「手書き修正機能」というのがあり、その機能を使うことでプリントアウトすることなく修正することができます。

 

「家庭用複合機」の場合、業務用の複合機よりも格安に購入することができ、スペースもあまりとらずプライベートでも使うことができます。

 

  • スキャナー

解決方法は2通りあって「スマホカメラで撮影」または「家庭用複合機を購入」です。

 

「スマホカメラ」の場合、最近の機種は高性能カメラが搭載されているので、紙の資料をハッキリと写すことができます。

 

「家庭用複合機」の場合、上記の〝プリンター〟と同じで、格安にプライベートでも使うことができます。

 

(3)オススメの経費削減術とは?

インターネットFAXのメリットを活用し、デメリットを解消(家庭用複合機を購入)することで大幅な経費削減につながります。経費削減につながりやすいインターネットFAXとして「eFax」と「メッセージプラス」が挙げられます。

 

月額1,500円で毎月150枚までは無料でFAXの送受信ができます。151枚目以降は1枚あたり10円となっています。使える機能としてはほかのインターネットFAXと同じです。

 

月額950円で受信に関しては何枚でも無料、送信に関しては1枚あたり15円となっていて、メッセージプラス同士だと無料となっています。使える機能として「手書き修正機能」「留守番電話機能」があります。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリット、そしてそれの解決法が分かったと思います。まとめると、

 

  • デメリットは家庭用複合機を購入することで解決する!
  • 「eFax」は料金面重視!
  • 「メッセージプラス」は機能面重視!

 

ということです。

faxがpc仕様に!メール受信を可能にするファックスアプリは?

題名:faxがpc仕様に!メール受信を可能にするファックスアプリは?

 

情報の共有や新しいビジネスチャンスをつかんだりできるFAX、通常受信したFAXは紙で出力されます。出力された紙の資料を持ち運ぶにも、数枚程度なら問題がありませんが、ある程度の枚数となってくると大変です。

 

そして紙の資料の場合「ついうっかり」というのがあり「水をこぼしてしまい大事な資料が濡れてしまった!」なんてことも少なからずあると思います。

 

そこで、そんな「ついうっかり」を無くすためにも、紙のFAXをメールで受信する方法を紹介していこうと思います。

 

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

 

  • 紙のFAXをメールで受信する方法とは?
  • どんな点を重視した方が良いのか?
  • オススメの方法は?

 

(1)紙のFAXをメールで受信するには?

  1. FAX機からメール転送

FAX機に搭載されている「メール転送機能」というのを使用します。一番わかりやすい方法ですが、「メール転送機能」があるFAX機が少なく、機能付きのFAX機を導入するにも費用が通常のFAX機よりもかかります。

 

  1. FAXソフトからメール転送

パソコンのFAXソフトでFAXの送受信が可能になります。FAXの受信する時間がある程度決まっているのなら問題が無いのですが、決まっていない場合いつ受信するかわからず、1日中ネットに接続していなくてはいけません。

 

  1. インターネットFAXを利用

スマホやパソコンでFAXの送受信が可能になります。おそらくスマホは常にネットに接続されているので、常に受信することができます。しかし、資料を加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。

 

(2)PCでのメール受信で重視する点

  1. 安く利用できる

利用するにも料金がべらぼうに高くては利用するにもできません。なるべく安く運用できる方が良いと思います。

 

  1. 時間や場所に縛られない

パソコンで受信するときに時間や場所に縛られたくありません。特に「場所」に関しては在宅時であろうと外出時であろう受信できる方が良いです。仮にできなくても、解決策が具体的にあるのならそれでも良いと思います。

 

(3)オススメのメール受信方法とは?

重視した方が良い2点を満たすのは「インターネットFAX」だと思います。「安く利用できる」という点においては、だいたい毎月5,000円以下に抑えることができます。

 

そして「時間や場所に縛られない」という点においては、パソコンはもちろんスマホでも受信できます。パソコンで受信できなくてもスマホで常時受信することができるので、送信もスムーズに行うことができます。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。パソコンでFAXをメール形式で受信する方法が分かったと思います。まとめると、

 

  • 方法として「FAX機からメール転送」「FAXソフトからメール転送」「インターネットFAXの利用」
  • 重視する点は「安く利用できるかどうか」「時間や場所に縛られない」
  • オススメの方法は「インターネットFAX」

 

ということです。

インターネットでfax送受信!PC用フリーソフトで対応可能?

題名:インターネットでfax送受信!PC用フリーソフトで対応可能?

 

FAXというと企業が主に使っているイメージでしたが、最近は個人でも利用している人が増加傾向にあります。FAXを利用するにあたって、FAX機・複合機を使用することが多いと思います。

 

従来のFAX機の場合、WordやExcelなどのファイルは印刷してからでないと送信できませんでした。しかし、それを解決する方法として「ネットでFAXをする」と言うのがあります。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

  • FAXのフリーソフトはオススメなのか?
  • 有料のインターネットFAXの料金体系とは?
  • インターネットFAXで使える機能とは?

 

(1)フリーソフトはオススメか?

結論から述べるとFAXのフリーソフトはオススメできません!その理由として、3点ほど挙げられます。

 

  • 日本語対応しているソフトが少ない
  • 1ヶ月に送信できる枚数が極端に少ない(5枚前後)
  • 利用できる機能が少ない

 

その解決方法として、費用がかかってしまいますが有料の「インターネットFAX」があります。その中でも、「料金面」と「機能面」でオススメのインターネットFAXを紹介します。

 

(2)おすすめインターネットFAX①

「料金面」でオススメしたいのは「eFax《公式サイト》」です。月額料金は他の会社よりも若干高いのですが、1ヶ月に無料で送受信できる枚数が多く、結果的に他の会社よりも安く利用できます。

 

  • 初期費用:1,000円
  • 月払いプラン:1,500円
  • 年払いプラン:18,000円
  • 送信料:毎月150枚までは無料(151枚目以降は1枚あたり10円)
  • 受信料:毎月150枚までは無料(151枚目以降は1枚あたり10円)
  • 支払い方法:クレジットカード/銀行振込/口座振替

 

(3)おすすめインターネットFAX②

「機能面」でオススメしたいのは「メッセージプラス《公式サイト》」です。受信したFAXに端末上で「手書き修正」ができたり、「留守番電話機能」など、他の会社と比較して機能が充実しています。

 

  • 初期費用:1,000円(年払いプランの場合は無料)
  • 月払いプラン:950円
  • 年払いプラン:9,500円
  • 送信料:1枚あたり15円(メッセージプラス同士の場合は無料)
  • 受信料:無料
  • 支払い方法:クレジットカード(月払い&年払い)/銀行振込(年払い)/口座振替(月払い)

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。従来のFAX機・複合機を使用せずにできるFAXについて分かったと思います。まとめると、

 

  • FAXのフリーソフトはオススメできない・・・
  • 料金面でオススメなのは「eFax」!
  • 機能面でオススメなのは「メッセージプラス」!

 

ということです。

インターネットFAX比較!人気のeFaxでスマホFAX無料の裏技とは?

題名:インターネットFAX比較!人気のeFaxでスマホFAX無料の裏技とは?

 

昨今のコロナにより業種によってはテレワーカーが増えてきたと思います。テレワークをする際に、連絡・情報のやりとりにビデオ通話やFAXが用いられることが多くなってきたと感じます。

 

その中でもFAXで人気が出てきているのが「インターネットFAX」です。格安に利用でき設置不要なインターネットFAXですが、スマホFAXを無料で利用できる会社を比較していこうと思います。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

  • インターネットFAX3社を比較してみてコスパが良いのは?
  • その中でも「eFax」が優れている点とは?
  • スマホFAXの機能とは?

 

(1)インターネットFAX3社比較

料金プラン、スマホ・パソコンで利用できる機能を中心に紹介します。

 

料金プランは「月払いプラン」と「年払いプラン」の2種類です。「月払いプラン」は税抜1,500円、「年払いプラン」は税抜18,000円と設定されています。毎月送受信150ページまでは無料で利用でき、151ページ目以降は1ページあたり10円となっています。

 

スマホ・パソコンで利用できる機能は一般的なインターネットFAXと同じですが、全国57の市外局番からFAX番号を選択することができます。また30日間の無料トライアル期間が設けられており、自分の使い方に適しているか実際に確かめることができます。

 

料金プランは「月払いプラン」と「年払いプラン」の2種類です。「月払いプラン」は税抜950円、「年払いプラン」は税抜9,500円と設定されています。受信に関しては何枚でも無料ですが、送信に関しては1枚あたり15円かかります。

 

スマホ・パソコンで利用できる機能は一般的なインターネットFAXの機能に加えて、留守番電話機能・手書き加工機能があります。

 

料金プランは1種類で月額税抜1,080円となっており、請求書を郵送しない場合は140円割引になります。受信に関しては1,000枚までは無料で、それ以降は1枚あたり9円かかります。送信に関しては1枚あたり14円かかります。

 

スマホ・パソコンで利用できる機能は一般的なインターネットFAXと同じです。

 

(2)eFaxが優れている点

eFaxが優れている点として挙げられるのが「毎月送受信150枚までは無料」「30日間の無料トライアル」の2点です。

 

毎月送受信150枚限界まで利用したとき、一番安く抑えることが「eFax」の1,500円です。また30日間の無料トライアル期間を最大限活用することで、1ヶ月にどれくらいFAXを刷るのか把握することができます。

 

(3)スマホFAXで利用できる機能とは?

紹介した3社はスマホ・パソコンで利用でき、なおかつスマホアプリでも利用することができます。普段使い慣れているスマホでの作業なので使い勝手は抜群だと思います。そして、スマホアプリで利用できる機能は以下の通りとなります。

 

  • 送受信がスマホアプリで完結!
  • 画像も送信可能!
  • 受信履歴を確認しやすい!

 

各ストアで配信されているスマホアプリをダウンロードすることで、簡単にFAXをすることができます。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。インターネットFAX3社の特長、スマホFAXでできることがわかったと思います。まとめると・・・

 

  • コスパが良いのは「eFax」!
  • 30日間の無料トライアルがある!
  • スマホアプリでFAXの送受信が完結!

 

ということです。

FAXアプリが超便利!インターネットFAX人気ランキング大公開

題名:FAXアプリが超便利!インターネットFAX人気ランキング大公開

 

従来のFAX機よりも格安に利用できるインターネットFAX、時間や場所に縛られず、どこでもスマホ・パソコンでFAXの送受信ができます。

 

大変便利なインターネットFAXですが、一部の会社ではスマホアプリが配信されていて、それを利用することで簡単にFAXの送受信が完結します。

 

インターネットFAXのスマホアプリで「機能面」を重視していますが、昨今のウイルス事情を考えると「料金面」も比較的優先する必要がありそうです。

 

この記事を読むことで、以下のようなことがわかります。

 

  • インターネットFAXランキング第3位とは?
  • インターネットFAXランキング第2位とは?
  • インターネットFAXランキング第1位とは?

 

(1)第3位「faximo《公式サイト》」

スマホアプリの基本機能として、FAXの送受信がアプリ内で完結します。追加の機能は使用しているスマホのOS(iOSまたはAndroid)によって異なります。

 

月額基本料金は請求書を郵送する場合は税抜1,080円、郵送しない場合は940円となります。日本国内のFAX送信料は1枚あたり14円、FAXの受信料は毎月1,000枚までは無料でそれ以降は1枚あたり9円となります。

 

(2)第2位「メッセージプラス《公式サイト》」

FAXの送受信がスマホアプリで完結するのに加えて、手書き修正機能、留守番電話機能があり、他のインターネットFAXよりも機能が充実しています。

 

月払いプランと年払いプランがあり、月払いの場合税抜950円、年払いの場合税抜9,500円となっています。FAXの送信料は1枚あたり15円で、メッセージプラス同士の場合は無料となっています。そしてFAXの受信料は無料です。

 

(3)第1位「eFax《公式サイト》」

スマホアプリで利用できる機能は、他のインターネットFAXと同じでFAXの送受信がアプリ内で完結します。そして紙の資料などをスマホカメラで写して、それを送信することもできます。

 

料金体系はは2種類で、月払いプランと年払いプランがあります。月払いプランの場合税抜1,500円で、年払いプランの場合18,000円で利用できます。FAXの送受信料は毎月150枚までは無料で、それ以降は1枚あたり10円となります。

 

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。スマホアプリが便利で、格安で利用できるインターネットFAXがランキング形式でわかったと思います。まとめると、

 

  • FAXの送受信が非常に少ないなら「faximo」
  • FAXの送受信が非常に少なく機能重視なら「メッセージプラス」
  • FAXの送受信が多くなればなるほど格安な「eFax」

 

と、いうことです。