faxメール転送?話題のインターネットfaxデメリットはない?

【faxメール転送?話題のインターネットfaxデメリットはない?】

経費削減として良く耳にするようになったインターネットfaxですが、従来複合機を利用していた人には本当に送受信出来るのか?
など、実際に用紙として手元に無い分不安要素があるのではないでしょうか?

・根本的な原理を理解してみる
・意外と月にかかる複合機の維持費を改善
・営業担当者の時間外業務を短縮

▽インターネットfaxにおける安心性

インターネットfaxと複合機の違う点は用紙とデータという点です。
どちらも送受信の際記録は残りますが、用紙の場合は紛失の危険性と管理の手間がかかります。
「あの資料はどこだっけ?」等の経験はありませんか?
また社内で共有出来る業務もミーティング等で伝達するひと手間が発生します。

複合機から送られた受注書、企画書などの管理をする担当者がいれば良いと思いますが、セクションによって複合機を設置している場合維持費も年間に換算してみると経費の圧迫になっている可能性があり、経費削減を目的とするならばインターネットfaxの検討も視野に入れるべきかと思います。

▽インターネットfaxと複合機の維持費は?

まず導入する際にかかる費用としてインターネットfaxの方が圧倒的に低コストです。
複合機の場合リースにしたとしても定期的なメンテナンス代が必須ですし、用紙の補充も必要となります。
しかし、インターネットfaxにもデメリットはあります。

まずインターネットfaxに慣れるまで多少時間が従業員の能力により必要となる点です。
比較的、インターネット初心者でも利用出来るようなシステムにはなっていますがインターネットならではのワードが多く、どうしても慣れないという人もいる事でしょう。
せっかく導入したは良いが従業員が不便を感じ、逆に効率が落ちてしまうケースも。

やはり、自社に合う合わないはありますので導入前にトライアル期間を設ける事をお勧めします。

▽営業担当者の業務時間が効率的に!

インターネットfaxは、個々に送受信が場所を選ばずに行えますので特に外出の多い営業担当者には便利なサービスとなるでしょう。

また、営業担当者が業務中に自社へデータを送りたい場合、自社にいる従業員へ転送する事で時間の短縮も見込めます。
この機能は、フリーランスの人にも向いているのではないでしょうか?

インターネットfaxをもし検討中であれば、スマートフォン対応のサービス展開をしている企業を選ぶ事です。
1部のインターネットfaxではスマートフォン非対応の企業もありますので、しっかりと下調べをしましょう。

faxメール受信が可能に?スマホで使えるネットfaxの正体とは

【faxメール受信が可能に?スマホで使えるネットfaxの正体とは】

今、不測の事態となり経営者の方は更なる経費削減や従業員への配慮が必要とされている現状にあります。

ここで、如何に業務を安全に平常とは言えなくとも可能な限りのサービスを利用する事が求められています。

・社内にある必要書類をスマートフォンで共有
・在宅にいながら取引先へのケアが可能
・従業員がPCを持っていなくても業務が出来る

▽インターネットfaxは送受信だけではない!

勿論、インターネットfaxというからにはfaxがメインですが、捉え方としてもう1つ、社内間での情報共有をインターネット上で送受信出来るという事です。

セクション毎に、情報を共有する事により円滑な業務が見込めます。
社内外でも、社内間でも「データ」という形で共有出来るので秘密保持や、紛失等のリスクが軽減されます。

▽在宅にいながら取引先へのケアを!

スマートフォンに対応するインターネットfaxであれば、会社にいなくとも取引先へのケアが出来るので対応が遅れるなどといった問題が解消出来るのです。

では、どのようなインターネットfaxアプリがあるのか。
数件のアプリをご紹介しますので、価格と自社の使用頻度によって候補として参考にして頂けたらと思います。

・efax
faxの送受信に加え、手書きの署名が出来るので急ぎの対応を求められた場合、すぐに対応可能な点が良いですね。
またインターネットfaxアプリでは最大枚数の送受信150枚無料、それ以降から料金が発生するので、大量に送受信する業務が多いならばefaxが最適かと思います。

・どこでもfax
こちらは、他のインターネットfaxとは異なり月額という設定では無く、送信の度に料金がかかるのですがアプリ内でポイントを購入し、そのポイントから送信するので目に見えて価格がわかるので少数のfax利用ならば逆に効率的かと思います。

・03fax
初期費用が5000円と他社に比べ高くなっていますが、受信においては無料なので特に受注書が多く送られてくる業務には大変向いているのではないでしょうか。

▽従業員へPCを支給する事なく業務が出来る!

ノートパソコン然り、社内には数台のPCは設置するでしょう。
それは経費として、削る事は出来ませんが台数を最低限に抑える事は可能です。
インターネットfaxの利便性として、PCからスマートフォンに送信し、ある程度のデータ共有と管理が可能だからです。

またスマートフォンアプリですので、インストールさえすれば当日から使用可能という点も利用価値として高いのではないでしょうか。
アプリという事を上手く利用し、業務の効率化を図ってみてはいかがでしょう。

faxのスマホ転送可能?おすすめインターネットfax一斉比較

【faxのスマホ転送可能?おすすめインターネットfax一斉比較】

インターネットfaxには、スマートフォン非対応のサービスもあり、PCのみというサービスでは色々と業務に縛りが生じてしまうケースもあるので、理想としてはスマートフォン対応が好ましいでしょう。

・スマホでもデータという形で転送する
・人気の高いスマホ対応サービス
・実際に自社が利用するfax枚数によってサービスを選ぶ

▽スマートフォンでもデータを圧縮して転送する!

例えば、取引先から送られた必要書類を複合機で受信した場合は、担当者へどのように伝達しますか?
一般的には、担当者へ手渡し、口頭で伝達がほとんどではないでしょうか?

従業員数が多く、業務の分担が負荷なく出来る企業ならばそのままでも良いでしょう。
しかし、業務の分担が難しく複数の業務を兼用している場合、複合機からのfaxを待つ、担当者への報告等、繁盛期によっては残業時間がかかり人件費の負荷、従業員への負荷もあるのでは?

そこで、業務時間の改善も含めたインターネットfaxについてご紹介したいと思います。

▽インターネットfax、用途に合わせた利用法を!

・とにかく大量なfaxを月に送受信している場合
・efax
インターネットfax業界最大の無料送受信枚数150枚という点とPC、スマートフォン対応により業務の効率化と経費削減の両方が可能に!
月額1500円で、これだけのサービスがあるならば大量にfaxを送受信する企業には最適なアプリと言えるでしょう。

・フリーランス、受信が多い場合
・jfax
初期費用1000円、月額990円で送信50枚が無料、受信においては100枚無料なのでそこまでfaxの利用が無く、受信が多いならばこちらのサービスが良いかと思いますね。
無料分以降も、他社と同じ価格帯の1枚あたり10円なので多少オーバーした月も経費の心配は無さそうです。

・社内でデータ共有、転送する場合
・メッセージプラス
月額950円、年払いにした場合は10ヵ月分の費用で利用する事が出来ます。
そして、メッセージプラスならではのサービスが同じメッセージプラス同士ならば送受信が無料なので特に社内間でデータ共有、取引先からのfaxを転送する事が無料で行えます。
留守電機能があるので、送受信と情報共有の他に電話対応もスムーズに行えるので、人材不足でも補足出来るサービスなのではないでしょうか。

▽自社の運営スタイルに合ったサービスを!

以上のように、インターネットfaxによってもサービスは異なる部分があり、どのサービスが自社にとって有益か。
それが最大のキーポイントになるでしょう。

faxスマホ受信ならefax?おススメ理由とデメリット大検証

【faxスマホ受信ならefax?おススメ理由とデメリット大検証】

「リモートワーク」という言葉も浸透してきた昨今ですが、インターネット上にて仕事をする事も並んで浸透しています。

では、何故ここまで利用されるのか?
デメリットも踏まえて紐解いてみます。

・業務時間の短縮による人件費の見直しが可能
・従業員の過重労働が軽減される
・itには向き不向きがある

▽業務時間の短縮は、従業員のモチベーション維持にも繋がる

ブラック企業とは認識していなくても実際は定時で帰社する事に否定的な経営をしていませんか?
社員もまた定時で帰社する事に罪悪感を覚えたり、従来型の企業体制が実は全体的な効率化にはなっていないと考えて良いでしょう。

業務時間内に自らが担当する仕事が終われば帰社する。
そして翌日のモチベーション維持にも繋がると考えます。

そして、残業時間の軽減はおのずと人件費削減にも繋がっていきます。
そんな時に利用すべきインターネットなのです。
業務の効率化は経営者にとっても従業員にとってもあればあるほど良いのです。

インターネット上で経費の面から見ても取り入れ易く、利便性の高いものがインターネットfaxだと思います。

▽従業員へ過重労働は非効率且つ現代には見合わない!

よく耳にする事は、事務処理の関係上、行わなければならない無駄な時間があるという点です。
出先からまた会社に戻り、必要な書類等を受け取りまた取引先へと限られた業務時間が「移動」という点で削られるのです。

その点、インターネットfaxならば取引先からの必要書類や発注書等が個々に確認出来るので「時間」の有効活用が可能です。
またデータとして共有出来るのでわざわざ事務処理担当者へ報告する場合もその場で解決出来ます。

インターネットfaxの中でも利用者が多く、様々な業務に便利なアプリが「efax」かと思います。
ビジネス用に作られたサービスなのでPCのみならずスマートフォンにも対応、またfax番号が050~始まるインターネットfaxが多い中efaxは全国57都市の市外局番から選択可能です。
相手先が複合機の場合、050~の番号を受信出来ないケースもあるので取引先への配慮にも利便性が高いのではないでしょうか。

また各種のデータ形式に対応しているので、送受信に不便を感じる事なく利用出来るでしょう。

▽it化には慣れが必要な場合も…

デメリットとしては、使用する従業員がストレス無くit化に対応出来るかという点です。
導入は簡単ですが業務の遅延になってしまっては元も子もないですから、efaxだけに設けられた30日間のトライアル期間を利用し、社内全体の業務が向上したかを確認してから本契約が良いでしょう。

30日間以降もサポートセンターに申請しなければ契約更新となりますのでその点だけ注意して、業務の効率化を確認してみてください。

インターネットFAXにデメリット!?FAXアプリの使い易さ検証!

題名:インターネットFAXにデメリット!?FAXアプリの使い易さ検証!

昨今の新型コロナの影響でテレワーカーが増えてきました。今までオフィスでしかできなかったFAXは、個人でインターネットFAXを利用することにより、時間や場所に縛られずにFAXの送受信ができるようになりました。

そんな大変便利なインターネットFAXですが、メリットがある反面もちろんデメリットも存在します。しかし、そんなデメリットも一部のインターネットFAXでは解決することができるのです。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

● インターネットFAXのデメリットとは?
● デメリットの解消法とは?
● どのインターネットFAXがオススメなのか?

(1)インターネットFAXのデメリットと解消法とは?
● デメリット①:インターネット環境が必要・・・
インターネットFAXは固定電話回線を使わず、インターネット回線を利用します。いつでもFAXを受信するためには、常にインターネットが接続されている端末が必要になります。

● デメリット②:修正するには一度プリントアウトが必要・・・
インターネットFAXはペーパーレスで送受信ができることが魅力の1つなのですが、受信したFAXに加筆・修正するには一度プリントアウトしなくてはいけません。そのため、プリンターが必要となっていきます。

● デメリット③:紙媒体を送信する際にスキャナーが必要・・・
インターネットFAXで送信するときに、もともとPDFなどのデジタルデータならそのまま送信できるのですが、紙の資料を送信するときにはスキャナーでデジタルデータに変換しなくてはいけません。

● 解決方法:スマホのFAXアプリを利用する!
そんなインターネットFAXの3つのデメリットを解消することができるのが「スマホアプリ」を利用することです。おそらく、スマホはいつでもインターネット回線が接続されているので、デメリット①は解消できます。

そしてデメリット③に関しては、スマホカメラで紙の資料を撮影しアプリで送信できるので解消できます。しかし、デメリット②に関しては、会社によって解決できるところとできないところがあります。

(2)FAXアプリ①:eFax
「eFax《公式サイト》」のスマホアプリで使用できる機能は以下の通りとなっています。「eFax」残念ながらデメリット②を解消することはできません。

1. スマホカメラで撮影したものをFAXで送信可能
2. FAXの送受信がアプリで完結
3. スマホ内のコンタクトリストが利用可能

(3)FAXアプリ②:メッセージプラス
「メッセージプラス《公式サイト》」のスマホアプリで使用できる機能は以下の通りとなっています。手書き編集機能があるのでデメリット②を解消することができます。

1. スマホカメラで撮影したものをFAXで送信可能
2. FAXの送受信がアプリで完結
3. 音声メッセージの確認
4. 受信したFAXの手書き編集機能

(4)FAXアプリ③:faximo
「faximo《公式サイト》」のスマホアプリで使用できる機能は以下の通りとなっています。残念ながら「faximo」ではデメリット②を解消することができません。

1. 送受信FAXの確認・閲覧
2. FAXの送受信がアプリで完結
3. 送受信FAX画像のダウンロード
4. その他のアプリとの連携

(5)まとめ
いかがだったでしょうか。インターネットFAXのデメリットは3つのうち2つはどの会社でもアプリで解消することができますが、残りの1つは「メッセージプラス」のみ解決できそうです。まとめると、

● FAXアプリでFAXの送受信が完結する!
● 紙の資料はスマホカメラで撮影できれば送信できる!
● 加筆・修正は「メッセージプラス」のみ端末上で可能!

ということです。   

スマホFAX無料?話題のインターネットFAX大比較!

題名:スマホFAX無料?話題のインターネットFAX大比較!

新型コロナウイルスの影響を受け、日本全国で「緊急事態宣言」が発令されていますが、期間が延長される確率が非常に高いです。自営業経営者であろうとなかろうと、より一層資金のやり繰りが大変になるのは想像に難くないです。

ニュースでも度々取り上げられていますが、様々な業種で連携をとり、新たなビジネスチャンスをゲットしています。その「新しいビジネスチャンス」をつかむためにも「情報のやりとり」が重要となってきます。

「情報のやりとり」で使われる道具の筆頭がFAXだと思いますが、最近利用者が増えてきているのが従来のFAX機・複合機と異なる「インターネットFAX」です。この「インターネットFAX」の中でも料金・スマホで利用できる機能の2点について比較していこうと思います。

この記事を読むことで、以下のような悩みを解決できます。

● インターネットFAXを利用するメリットとは?
● 料金が最も安いのは?
● スマホでの機能が使いやすいのは?

(1)インターネットFAXを利用するメリットとは?
● ペーパーレス!
インターネットFAXは従来のFAX機・複合機と異なり、FAXの送受信に紙を一切使いません。スマホ・パソコンで完結します。従来のFAX機・複合機ですと、FAXを受信するたびに紙・インク、いわゆる「消耗品」を使います。それを一切使わないので、経費の削減にもつながります。

● 格安料金!
従来のFAX機・複合機をレンタル・リースするにも、毎月最低でも10,000円はかかります。それに加えて「消耗品代」もプラスされます。インターネットFAXの場合、普通に使う分にはだいたい毎月5,000円以下に抑えることが可能です。

● 利用する場所に縛られない!
従来のFAX機・複合機だと機械が設置してある場所でしかFAXができませんでしたが、インターネットFAXだとスマホ・パソコンで完結するので、利用する場所に縛られません。自宅であろうと、オフィスであろうと、出張先であろうといつでもFAXの送受信ができます。

(2)スマホFAX①:eFax
● 月額料金
月払いプランだと1,500円/月かかり、年払いプランだと18,000円/年かかります。送受信ともに毎月150枚までは無料で、151枚以降は10円/枚かかります。

● スマホ機能①
紙の資料や会議で使用したホワイトボードの内容をスマホのカメラで撮影し、そのままFAXすることができます。

● スマホ機能②
FAXの送受信が各ストアでダウンロードできるスマホアプリで完結します。おそらくパソコンよりもスマホの方が使い慣れているので、操作性は抜群です。

(3)スマホFAX②:メッセージプラス
● 月額料金
月払いプランだと950円/月かかり、年払いプランだと9,500円/年かかります。受信に関しては何枚でも無料ですが、送信に関しては15円/月かかります。ただし、メッセージプラス同士の場合は送信も無料となります。

● スマホ機能①
FAXの送受信がスマホアプリで完結します。端末で撮影した資料などを送信することができます。

● スマホ機能②
メッセージプラス独自の留守番電話機能を使うことができます。利用しているFAX番号にかかってきた留守番電話をスマホアプリでいつでも聞くことができます。

(4)スマホFAX③:faximo
● 月額料金
月額基本料金は1,080円/月かかりますが、請求書を郵送しない場合140円割引になり、940円/月となります。送信に関しては14円/枚かかり、受信に関しては、毎月1,000枚までは無料となっており、1,001枚以降は9円/枚かかります。

● スマホ機能
他のインターネットFAX同様、スマホアプリでFAXの送受信ができます。

(5)比較した結果・・・
● 料金
月払いプランで、FAXの送受信をそれぞれ50枚したと仮定するとそれぞれかかる費用は・・・

○ eFax:1,500円
○ メッセージプラス:1,700円
○ faximo:1,780円

つまり、eFax < メッセージプラス < faximo ということです。 ● スマホアプリ 3社ともスマホアプリの機能はあまり変わりませんが、メッセージプラスの留守番電話機能は便利だと思います。 (6)まとめ いかがだったでしょうか。インターネットFAXのメリット、そして3社の料金・スマホアプリ機能がわかったと思います。まとめると ● 料金に関してはeFaxが最も安く、次にメッセージプラス ● スマホアプリに関してはあまり変わらない・・・ ● 総合的に考えてeFaxがオススメ ということです。   

インターネットfaxは比較が重要!efaxスマホ受信無料は本当?

【インターネットfaxは比較が重要!efaxスマホ受信無料は本当?】

せっかく導入するならば良いものを!と考える事は自然な事ですよね。
インターネットfaxも然り。

では早速、比較してみましょう。

・自社の毎月使用する頻度で決める
・インターネットfaxで業務が効率化
・乗り遅れない為にインターネットfaxを!

▽自社の使用頻度をご存知ですか?

faxを多く使用する、しないという自社分析も踏まえたうえでインターネットfaxを選ぶ事も重要な要素です。
そして、スマートフォンで行えるものが良いでしょう。

様々なインターネットfaxを提供する企業がありますが、efaxが1番需要率が高いかと思います。

・efax
まずfax番号を選択する点で、全国57都市の市外局番を選ぶ事が出来るので人気の市外局番を自社のfax番号にする事も企業アピールとして魅力的です。

そして、初期費用は1000円、月額1500円ですがインターネットfaxの中で1番多い無料分送受信枚数がfaxの使用の多い企業には特に良いサービスではないでしょうか?

送受信共に150枚が無料なので使用頻度の少ない企業は無料分だけで月の業務が行えますね。

▽インターネットfaxで業務効率化を!

efaxはスマートフォンでも送受信が出来るので、営業が主な業務の人はリアルタイムで顧客への対応が可能です。
顧客管理は、早ければ早いほど良いでしょうからその点から見てもインターネットfaxの需要性は高いでしょう。

またビジネス用としてのサービスですから勿論faxの送り状も添付されますので相手側にもミスなく送信が出来るので複合機では紛失等が起こりがちなミスもインターネットfaxではありません。

全体的な業務効率化が見込めるのではないでしょうか?

▽すでに取り入れている企業に遅れをとらないように!

複合機には、維持費に重ねて場所を取る難点があり、用紙の補充や定期的なメンテナンス代と経費としてかかるものが多いので、インターネットfaxに切り替える企業が増えています。

複合機からefaxに変更する場合、番号もそのまま移行出来ますし、取引先に迷惑をかける事なく業務にも支障はさほど無いでしょう。

またefaxは、30日間のトライアル期間があるので従業員の使用した実際の声を元に導入するか検討出来る事が最大の利点と言えるでしょう。
経営者の一存で決めても従業員が不便と感じていては業務の効率化も見込めませんからね。

トライアル期間中に従業員の声も聞き、導入する流れがベストな体制でしょう。
乗り遅れない経営を見極め、導入してみましょう。

インターネットfaxデメリットはweb環境?ありがちトラブルは?

【インターネットfaxデメリットはweb環境?ありがちトラブルは?】

日に日に進化を遂げるit環境ですが少し言語が簡略化し過ぎていてインターネットとWebが同じような意味合いで使用されているように思います。

まず、インターネットの中にある1部がWebという認識が理解しやすいのかと思いますね。
つまり、ベースがしっかりとしたもの(インターネット環境)の向上を図る事が大切となります。

次いで、インターネットの進化と共に増えつつあるインターネットfaxにもデメリットがある事を理解する事も必要となります。

・1部デジタル回線に送信出来ない
・従来使用していたfax番号をインターネットfaxに変更する際引き継げない
・ある程度のit知識が必要となる

▽1部のデジタル回線に送信出来ない場合もある!

取引先が複合機を利用している場合、稀にインターネットfaxの内容を受信出来ない状況があるのです。

これは複合機の機種によるものかと思いますが取引先に送信出来ない状況は大変困る事でしょう。
そのような場合はコンビニ等の複合機を利用し、取引先に対し配慮する必要がありますね。
多少、非効率ではありますがit化に慎重な企業もあるという事も視野に入れておきましょう。

▽従来使用していたfax番号が使用出来ない場合も!

インターネットfaxは、ペーパーレス化並びにいつでも送受信が出来る点で効率的ですが従来使用していたfax番号の変更までして導入するべきかと懸念していませんか?
確かにそれは迅速に対応したい意識から生まれる懸念材料でしょう。
しかし、番号をそのまま移行出来るナンバーポータビリティを利用する事でその懸念材料は払拭する事が可能です。

・Toones
こちらのアプリはToonesの中にあるサービスの1部となり「秒速fax」から利用出来るサービスです。
個人事業主から中小企業向けのサービス展開で細かくサービス設定が可能ですのでインターネットfaxと複合機、どちらが良いか検討中ならば提案を受けてみても良いでしょう。

▽it知識がある程度必要とされる!

従業員の雇用状況によっては、インターネット自体に抵抗があったり、知識量があまり無い内情を抱える企業もあるので、インターネットfax導入には、多少なりとも知識が必要とされますのでその点は自社で改善する、もしくは新たにit管理を任せる人材雇用が必要でしょう。

しかしながら、インターネットfaxサービス側も利用者の利便性を優先していますのでサポート面でも安心出来るかと思います。

メリットもあればデメリットもある。
それは何事にも付いて回る事です。
必要な事はデメリットを知り、そのデメリットを上回るメリットがあるならば利用するべきだという事です。

it化の進む現代社会において前向きに検討する事が重要な課題なのではないでしょうか。

新型コロナは複合機使用NG!自営業経営で犯しがちな失敗とは

新型コロナは複合機使用NG!自営業経営で犯しがちな失敗とは15通目

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、不要不急の外出自粛やテレワークや在宅勤務が推奨されています。自営業経営者や中小企業経営者は、出勤を余儀なくされる機会も多いと思いますが、テレワークを進めるにあたっての注意点を説明します。

◆新型コロナウィルス感染拡大防止のためには
新型コロナウィルスの拡散防止には、不要不急の外出を控える必要があります。しかし、業務は継続しなければなりません。そのために、企業には在宅勤務などのテレワークのように自宅からリモートで業務を行うことが推奨されています。また、「3つの密」を避けることです。つまり「換気の悪い密閉空間」、「多くの人が集まる密集場所」、「2m以内の距離で会話や共同行為をする密接場面」です。

◆テレワークに対応できているか?
働き方改革が提唱され、以前から在宅勤務などのテレワークを促進することが求められていますが、通常業務と違う場で業務することに対応して切れていないことが多いのが現状です。新型コロナウィルスが猛威を振るい、テレワークに消極的だった企業や自営業経営者も、対応を迫られるようになりました。

◆新型コロナウィルス感染経路とは?
新型コロナウィルスは、飛沫感染、接触感染で感染すると言われています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあります。「飛沫感染」とは、感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、そのウイルスを口や鼻などから吸い込むことで、他の人が感染します。「接触感染」とは、感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

◆オフィスへの出勤は新型コロナウィルス感染リスクが高まる?
新型コロナウィルスは、飛沫感染や接触感染で感染することから、オフィスへの出勤は感染リスクを高める行為です。
一つは、公共交通機関を利用することにより、不特定多数の人が密閉空間に集まるため、密の状態が出来上がります。
さらに、出勤をすることで、狭いオフィス内に密ができます。打ち合わせなどで会話をする機会も多いでしょう。
オフィスでは、共同で使用する機器や資材があります。たとえば、複合機などです。ここから接触感染の危険性があります。

◆自営業経営者が注意すべきこと①健康管理
上述したように、従業員を出勤させることには大きなリスクが伴います。自営業経営者として、ウィルスを持ち込まない、持ち込ませない対応が必要です。
1.交代勤務や時差出勤、テレワークの活用
2.就業場所の換気や除菌の徹底
3.不要不急な会議や打ち合わせの見直し
これらは、従業員と顧客の健康を守るうえで重要なことです。

◆自営業経営者が注意すべきこと②休業手当と労災
また、従業員を休ませるか出勤させるかは、よく注意して検討しましょう。
休業を余儀なくされた場合、欠勤中の賃金や有給休暇の取り扱いを話し合っておきましょう。休業を避ける努力をしていない場合は、休業手当の支払いが必要となる場合があるので、自宅勤務ができるかどうかを検討する必要があります。
新型コロナウィルスの影響で人手不足のために労働時間が長くなる場合は、1年単位の変形労働時間制を導入することなどを検討しましょう。
やむを得ず出勤させた場合も注意が必要です。業務や通勤が原因で新型コロナウィルスに感染し発症したと認められる場合には、労災保険給付の対象となります。

◆まとめ
すすまない働き方改革を、この機会に見直してみましょう。テレワークや時差出勤を導入し柔軟な働き方を認め、不要な会議を減らし、テレビ会議にするなど、無駄をなくしていきましょう。
・新型コロナウィルス感染防止には、3つの密を避けて、テレワークを活用する
・新型コロナウィルスは、飛沫感染、接触感染で感染する
・オフィスへの出勤は、感染リスクが高まる
・従業員の健康を守るため、交代勤務や時差出勤、テレワークを活用するとともに、不要不急な会議や打ち合わせを見直す
・従業員の休業手当や有給休暇を話し合う。

新型コロナでリスク増!コンビニfaxは感染と●●に注意

新型コロナでリスク増!コンビニfaxは感染と●●に注意 14通目

新型コロナウィルスが猛威を振るっています。感染リスクを抑え、拡大を防止し、ウィルスを封じ込めるため、国を挙げて対策を行っています。不要不急の外出自粛や、テレワークや在宅勤務を活用した出勤者削減など、外に出る機会が減っていますが、まだまだ日本の紙文化は残っており、日常生活でFAXを利用しなければならない機会も多いと思います。

オフィスに出勤ができない、自宅にFAXがないという理由でコンビニFAXを利用する人に、新型コロナウィルス感染リスクを減らすため、コンビニFAXを利用する注意点を説明します。

◆新型コロナウィルスはどのように感染するのか
新型コロナウィルスの感染経路について、厚生労働省のウェブサイトでは、飛沫感染、接触感染で感染すると言われています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるのです。

◆飛沫感染とは、接触感染とは、
同じく厚生労働省のウェブサイトに飛沫感染と接触感染について説明されています。
「飛沫感染」とは:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウィルスが放出され、他の方がそのウィルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
「接触感染」とは:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウィルスがつきます。他の方がそれを触るとウィルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

◆コンビニFAXを利用すると感染リスクが上がる?
オフィスに出勤できない、自宅にFAXが無い人は、コンビニFAXを利用せざるを得ません。外出自粛が要請されている中でコンビニに行くと、どうなるでしょうか。まずは、飛沫感染のリスクがあります。コンビニは不特定多数の客が来店します。その中に感染者がいた場合は、狭い店内に飛沫が飛散し、それを吸い込んで感染することが考えられます。また、感染者が触れたFAX端末に触れることでウィルスが付着し感染します。

◆コンビニFAXのデメリット
コンビニFAXは新型コロナウィルスの感染リスクがあるだけでなく、他にもデメリットがあります。一つは、送受信の料金が高いことです。送受信1枚ごとに料金がかかるので、頻繁に利用する人には向いていません。二つ目は、用紙を使用することで、用紙代がかかり、さらにそれを処分する手間がかかります。万が一その用紙を置き忘れたら…情報漏洩のリスクも伴います。

◆利用環境や頻度ではインターネットFAXがおすすめ
自宅にインターネット環境があり、頻繁に利用するならインターネットFAXがおすすめです。頻繁に利用するのであれば、月額料金で利用できるので料金を気にする必要がなく、その都度コンビニに足を運ぶ必要がないため、手間も感染リスクも軽減できます。
また、インターネットFAXならペーパーレスのため、用紙代がかからないため、経費削減に貢献できます。用紙を処分する手間がいらないので、情報漏洩リスクも軽減できます。

◆まとめ
新型コロナウィルス感染防止、ウィルス封じ込めのため、外出自粛や在宅勤務が推奨される中、コンビニFAXを利用する機会も増えますが、感染リスク軽減と経費削減のため、インターネットFAXをお勧めします。
・コンビニFAXを利用すると新型コロナウィルス感染リスクが高まる
・コンビニFAXを利用すると、飛沫感染、接触感染の機会が増える
・コンビニFAXは、経費が増え、情報漏洩のリスクがある
・インターネットFAXなら、新型コロナウィルス感染リスクを抑え、経費削減できる