固定電話faxは時代遅れ?バーチャルオフィス起業成功の秘訣

固定電話faxは時代遅れ?バーチャルオフィス起業成功の秘訣

今まさに起業を検討しているあなたは必見です。
近年の働き方改革で多彩な働き方が認められる時代です。スモールビジネスの経営者、フリーランスを中心に特定のオフィスを持たないレンタルオフィスやバーチャルオフィスが注目されています。
ここではバーチャルオフィスとは何か、バーチャルオフィスのメリットなどを解説します。

◆バーチャルオフィスとは
バーチャルオフィスとは、仮想の事務所です。
事務所を構えることなく、事業を始める際に必要な住所、電話番号などの基本的な情報を借りられるものです。バーチャルオフィスの基本的なサービスがこの「住所貸し」というものです。

◆レンタルオフィスとの違いは
レンタルオフィスは、必要な備品や通信機器などがすでに設置されている場所です。様々な人が同じフロアで仕事をするコワーキングスペースやシェアオフィスと異なり、個室となっているため、通常の貸事務所とほぼ同じ機能があります。

◆バーチャルオフィスのメリットとは
1.コストが安い
バーチャルオフィスは、レンタルオフィスより格安でオフィスを持つことができます。起業したばかりの売り上げが少ない状況でオフィスの賃料を支払うのは大きなリスクと言えます。賃料だけでなく、雑費や設備維持費などをほぼゼロにすることができます。自宅で起業するよりはコストはかかりますが、月々5,000円程度から利用できます。

2.顧客からの信頼性が高い
会社の住所は顧客から信用を得るために重要な要素です。会社の登記情報、ホームページなどから、街の一等地に会社があることで、顧客は安心して任せられます。

3.個人情報を守ることができる
フリーランスや女性起業家は自分の住所を明かさなくてもよいというメリットがあります。自宅をオフィスとして起業することもできますが、自宅が特定されることでトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

◆バーチャルオフィスのサービス内容とは
街の一等地に住所を構え、ビジネスが始められるのがバーチャルオフィスのいいところですが、他にもサービスがあります。基本サービスに含まれているものとオプションサービスのものがあり、事業者によって異なります。

1.FAX
指定したメールアドレスにFAXが届くサービスです。複合機や固定電話FAXを持たなくても、好きな場所でFAXを受け取ることができます。fax機器を設置することで、用紙代やトナー、機器のメンテナンス費用がかかります。

2.電話転送と電話秘書
指定の転送先に24時間、着信を転送してくれます。他にも、オペレーターが自社の名前で電話を受けてくれます。着信に即座に対応できることは、顧客からの信頼性を高めることにもなります。

3.郵便物の転送
届いた郵便物は即日発送され、オプションで内容を通知してくれたり、インターネットで郵便物の到着状況を調べるサービスがあります。

4.会議室の利用
バーチャルオフィスであっても、顧客と商談したり、スタッフと仕事をしたり、物理的な作業スペースが必要となることもあります。机や椅子、ホワイトボードやプロジェクターなどの設備を利用するサービスもあります。

◆まとめ
・バーチャルオフィスはオフィスを持たない仮想の事務所
・月々5,000円程度から一等地に住所を構えられる
・起業家の個人情報を守り、顧客からの信頼も高い
・FAX複合機を持つことなく、いつでもどこでもFAXを受け取れる
・電話の転送や電話秘書を利用できる
・郵便物の転送や会議室も利用できる

起業

テレワークに最適!新型コロナで注目インターネットfaxとは 

テレワークに最適!新型コロナで注目インターネットfaxとは 13通目

働き方改革の推進と新型コロナウィルス感染拡大防止のため、多くの企業ではテレワークや在宅勤務を取り入れています。インターネットを利用したテレビ会議やペーパーレス化などで少しずつ進んでいるテレワークですが、まだまだ導入に踏み切れていない企業も多いのではないでしょうか。その一つが、FAX受信です。

そこで注目されているのがインターネットFAXです。新型コロナウィルスの影響でテレワークを促進するためにインターネットFAXが最適な理由をご説明します。

◆テレワークが進まないのは紙のFAXが原因?
新型コロナウィルスの影響に関わらず、昨今ではテレワークを導入する企業が増えています。働き方改革を推進する一環として、従業員のワークライフバランスを充実させることが目的です。テレワークなどの柔軟な働き方を認め、充実した生活とスキルアップ、そしてより短時間で大きな成果を挙げるという、会社にとっても従業員にとってもメリットのある取り組みです。
しかし、テレワークの推進を妨げる要因はFAXや稟議書のような紙文化です。

◆FAX受信のために必要なモノ・ヒト
テレワークが進む現代でも、紙のFAXはまだまだ残っています。顧客や取引先から届く発注書や見積書、諸連絡をFAXに頼っている企業は多く、その確認のためには、オフィスに複合機を設置し、それを受け取る従業員が出勤しなければなりません。

◆FAXを処理するために必要なコト
受信したFAXを担当者へ振り分けたり、デジタルデータ化(スキャン)して関係者へ共有したりする必要があります。これを担当する従業員が必要で、大きな労力となります。伝達ミス、処理漏れ、紛失…など考えればきりがないくらいのリスクがあります。

◆インターネットFAXで働き方改革
上述のリスクを回避するのが、インターネットFAXサービスです。インターネット回線を利用してFAXを送受信できるサービスで、FAX複合機がなくても送受信ができるのです。FAX専用の電話回線をひく必要もなく、用紙もトナーも不要のサービスです。新型コロナウィルス拡大防止のため、出勤者削減の要請にも対応でき、テレワークを推進する心強いツールです。

◆テレワークにはメッセージプラス
メッセージプラスは、数あるインターネットFAXサービスの一つです。利用料は、月額950円(税抜)で、受信料は無料です。送信料は1枚15円です。年額9,500円の年払いプランなら、1,900円、つまり2ヵ月分の利用料がお得になり、さらにFAX送信200枚分のサービスポイントが付いてきます。

◆メッセージプラスがテレワークにお勧めの理由①完全ペーパーレス
メッセージプラスなら、届いたFAXにデータ上で書き足し、かつそのFAXを印刷したりスキャナーで取り込んだりせず、データのまま送信することができます。用紙代の削減だけでなく、スキャンの手間を省くことができます。

◆メッセージプラスがテレワークにお勧めの理由②外出先でも送受信可能が可能
メッセージプラスのFAXは、クラウド上のサーバで管理されており、インターネットが使えるパソコンやタブレット、スマートフォンでいつでもどこでも送受信が可能です。レンタルオフィスやコワーキングスペース、もちろん自宅でも送受信が可能なため、テレワーク中の従業員も活用できます。

◆まとめ
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、出勤者の削減、テレワークが推奨されています。その方法の一つとしてインターネットFAXの導入をお勧めします。
・テレワークが進まないのは紙のFAXや稟議書などの紙文化
・紙のFAXのデメリットは、処理の手間とミスのリスク
・複合機不要、用紙やトナーが不要のインターネットFAXを活用し、働き方改革&経費削減

中小企業経営者が身につけたい業務改善につながるスキル5選

中小企業経営者が身につけたい業務改善につながるスキル5選 12通目

中小企業経営者や個人経営者の方は、常に業務改善に取り組まれていることと思います。しかし、なかなか結果に結びつかず、苦労もされている方も多いと思います。
そこで、中小企業経営者や個人経営者の方だけでなく、ビジネスマンが身につけたいスキルを分析手法に特化して5つご紹介します。

◆定量分析
言葉だけの情報(定性情報)」は主観的な評価のため、基準があいまいです。「かっこいい」「おいしい」「おもしろい」などは客観性が重要視されるビジネスの世界では、重要な決定のためには根拠が不十分です。そこで、数字を基にしたデータで考えるのが「定量分析」です。
例えば、自社のウェブサイトの効果を分析する時、ページビュー数(PV数)や離脱率でといった情報が有益になります。自分の経験や勘、他人の意見を鵜呑みにするのではなく、客観的なデータで意思決定をする必要があります。

◆第三要因(因子)分析
売上アップの要因は広告がよかったからだ、広告担当者の目線ではこのような分析になるのは当然です。しかし、本当に因果関係があるのか、と疑ってみることが必要です。
1.広告の打ち出しは、売上アップより先に起きた事象なのか
2.広告と売り上げアップはともに変化している(相関関係がある)のか
3.広告以外に売り上げアップの原因となるものは存在しないのか
この売上アップの要因として、広告以外のものの存在を否定できなければなりません。これが第三の要因(因子)です。季節的なものだった、他社製品の品質が落ちた、口コミやSNSでの評判が良かった、など冷静かつ客観的に評価する目が必要となります。

◆単純集計とクロス集計
アンケートなどから有益な情報を読み解く力が大切です。
市民向け講座の評価はどうだったのか?まずは単純集計で、アンケート全体の回答結果をと比率をまとめ、調査の全体感を把握します。講座内容に不満だったと回答した人が80%になったとします。これだけでは、どういう人が不満を持っているのか掴み切れません。
そこで、クロス集計を利用します。データの属性でクロスさせて集計する手法です。参加者の年齢別や職業別に掛け合わせて集計することで整理しなおすことができます。30歳代には満足度が高かったが、60歳代には不満が大きかった、会社員には満足度が低かったが、自営業者には満足度が高かった、などどこに問題点があったかがわかります。

◆フェルミ推定
欲しい情報を調べても見つからない場合があります。調査しなければわからない数量を論理的に概算するのが「フェルミ推定」です。物理学者エンリコ・フェルミが名前の由来で、フェルミ自身が学生に出題した「アメリカのシカゴには何人のピアノ調律師がいるか」という事例に、仮説を立て、検証し、知っている情報をあてはめ、計算する(推定する)という順序で行います。当社の製品は、日本で一日いくつ消費されているか?などは、日本の世帯数が約5300万世帯だとして、一世帯三人程度とし、一人一日1個消費する、と計算していくと、概算の数値が導き出せます。

◆パレート分析
パレートの法則というものがあり、全体の2割の要素が、全体の8割を生み出しているという法則です。20:80の法則とも呼ばれています。「売り上げの8割は2割の顧客が生み出している」「仕事の成果の8割は、より重要な2割の仕事で生み出されている」などです。
仕事の成果の8割を生み出す2割とは何なのか、成果にならない無駄な仕事は無いのか、といったことを考えることで業務改善につながります。

◆まとめ
・定量分析:客観的な数値によるデータで意思決定しよう。
・第三要因分析:本当に因果関係があるのか、第三の要因がないか考えよう。
・クロス集計:全体を把握し、データの属性でも情報を整理してみよう。
・フェルミ推定:調べても見つからない情報、調査しなければわからない情報は、仮説を立てて数値を導き出してみよう。
・パレート分析:全体の8割の成果を生み出す、2割の要素は何か、無駄な業務を見直すきっかけにしよう。

複合機は耐用年数〇年!リースが向かない会社の特徴大公開

題名:複合機は耐用年数〇年!リースが向かない会社の特徴大公開

新しく会社を設立したときに、オフィスに導入する物品が多いと思います。その代表格なのが「パソコン」と「複合機」です。

「パソコン」に関しては個人で所有していることが比較的多く、もしかしたら会社で購入することは少ないです。

それに対して「複合機」はどうでしょうか。個人で所有するには大きすぎ・価格も高すぎ・場所を取りすぎの「3すぎ」です。

会社で所有するにしても、設立したての頃は資金繰りが大変なので、購入というよりかはリース・レンタルを検討することが多いと思います。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

● 複合機リースとは?
● リースとレンタルの違いとは?
● 複合機リールが不向きの会社とは?

(1)複合機の耐用年数は2種類
複合機の耐用年数は2種類あります。何年ぐらい使用することが可能なのかの目安となる「耐用年数」と、減価償却資産の法定上で定められた「法定耐用年数」です。

複合機の「耐用年数(=寿命)」は総印刷枚数300万枚が目安で、だいたい5年くらいとなっています。一方「法定耐用年数」は「耐用年数(=寿命)」と同じ5年と考えることが多いです。

(2)複合機リースとは?
そもそも「リース契約」とは、利用者が希望する物品(=複合機)をリース会社が代わりに購入し、その物品(=複合機)を利用者に賃借します。

リース契約の契約年数は比較的長期に渡り、最低でもその物品(=複合機)の本体価格分を支払うまでは解約することができません。

長期的に利用することを前提としているため、毎月支払う費用は少なく抑えることができ、必要な箇所に必要な資金を充てることができます。

しかし、リース契約をするには厳しい審査があります。もちろんその審査に通らなければ「リース契約」することができません。

(3)混同しがちなレンタルとの違い
複合機導入を検討する際によく混同するのが「リース契約」と「レンタル契約」です。どちらも“賃借”という点では同じなのですが、契約期間・賃借可能物品・物品の所有権・・・という点においては異なります。

リース契約の場合、契約期間は長期的で賃借可能物品は利用者が希望するモノです。物品の所有権はリース会社が持っていて、保持・修繕義務は利用者となっています。

希望する物品を購入し賃借するため、新品かつ最新機種を利用することができます。そのため、機材トラブルが起きることは限りなく少ないです。

それに対してレンタル契約の場合、契約期間は短期的で賃借可能物品はレンタル会社が保有しているモノです。物品の所有権および保守・修繕義務はレンタル会社にあります。

会社が保有している物品を賃借するため、基本的に中古で型落ちの複合機となります。そのため、機材トラブルが比較的起きやすく、度々修理に出したりするので生産性・効率性が落ちます。

(4)複合機リースに向いていない会社とは?
新品で最新機種を利用できる「複合機リース」ですが、不向きな会社があります。それは「審査に通らない(通りそうにない)」「複合機は必要だけど、最低限で十分」といった会社です。

● 審査に通らない(通りそうにない)
根本的な問題で、複合機リースを利用したくても利用できない状態です。審査を通りやすくするためには会社の業績が関わってくるので、設立間もない会社だと通りにくいです。

● 複合機は必要だけど、最低限で十分
複合機を利用するにあたって、使用する機能が限られてくる場合は、最新機種を利用できるリース契約にする必要がありません。

(5)複合機リースの代替案①
複合機リースとよく混同する「複合機レンタル」を利用する方法もあります。複合機リースと比べて複合機レンタルの審査は厳しくないので通りやすいです。

複合機レンタル短期契約でも大丈夫なので、複合機リースの審査に通るまでの中継点としても良いかもしれません。しかし、短期契約を前提しているためか毎月支払う費用はリースよりも高く設定されています。

(6)複合機リースの代替案②
複合機の「コピー機能・スキャン機能」「FAX機能」を別々に分けるといった方法です。「コピー機能・スキャン機能」に関してはスキャン機能付きコピー機を購入し、「FAX機能」に関してはインターネットFAXにすれば良いのです。

スキャン機能付きコピー機を購入することによって、全部の機能が備わった複合機を購入するよりも安く抑えられ、自分の好きなタイミングで買い換えができます。

インターネットFAXにすることによって、時間や場所に縛られず、いつでもスマホやパソコンでFAXの送受信をすることができます。

(7)オススメなのは代替案・・・!
オススメしたいの代替案②です。スキャン機能付きコピー機を購入することによって、紙の資料を印刷するときにコピー機能を使い、大事な書類などをパソコンに保存したいときはスキャナー機能を使うことができます。

時間や場所を問わずインターネットFAXでFAXを送受信し、情報を素早く共有することができます。紙の資料をFAXしたいときはスキャナー機能をつかいパソコンに取り込んで送ることができます。

こうすることによって、かかる費用を抑えることができ、それぞれを連携させることによって生産性・効率性が向上します。

(8)インターネットFAXのメリット
● スマホ・パソコンで完結する!
インターネットFAXで使うのはスマホ・パソコンのみです。普段から使い慣れているスマホ・パソコンなので操作性は抜群です。

またFAX機がないのでオフィスのスペースをとらず、スマホ・パソコンを使うのでFAXの送受信は時間や場所を問いません。

● 格安で利用できる!
「eFax《公式サイト》」の場合、月額1,500円で利用することができ、送受信ともに毎月150枚までは追加料金なしでやりとりできます。

(9)まとめ
いかがだったでしょうか。複合機リースとレンタルの違い、安く抑えて生産性・効率性が上がる代替案②がオススメの理由がわかったと思います。まとめると、

● スキャナー機能付きコピー機を購入!
● 格安で利用できるインターネットFAXは時間や場所に縛られない!
● 連携させることで生産性・効率性が向上する!

ということです。   

コロナ対策テレワークでも売上増!FAXアプリのメリット大公開

題名:コロナ対策テレワークでも売上増!FAXアプリのメリット大公開

流行しているコロナウイルスの感染拡大防止のため、在宅ワーク、いわゆる「テレワーク」に移行している会社・人が多いと思います。そのテレワークの中で大変なのが「情報のやりとり」です。

その「情報のやりとり」の中に、会社・オフィスでは簡単に誰でも使うことのできた「FAX機」があると思います。しかし、FAXのやりとりが“家で”できるとは限りません。

使う場所の限られてくる「FAX機」ですが、その本体(=FAX機)を使わず、普段利用しているスマホ・パソコンでFAXができる「インターネットFAX」というサービスがあります。

その「インターネットFAX」の中でも、スマホアプリでの利用が大変便利な「eFax」と「メッセージプラス」を紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって。以下のような悩みを解決できます。

● インターネットFAXのメリットとは?
● 「eFax」のアプリ機能とは?
● 「メッセージプラス」のアプリ機能とは?

(1)インターネットFAXのメリット
従来のFAX機と比較して、インターネットFAXにすることのメリットは以下のような事が挙げられます。

● スマホ・パソコンで完結する!
インターネットFAXの最大の特徴ともいえるメリットです。FAXの送受信にFAX機を必要とせず、普段使い慣れているスマホ・パソコンで行えます。

● 消耗品代がかからない!
従来のFAX機ですと、用紙代やインク代・トナー代がかかってしまい、出費が嵩んでしまいます。インターネットFAXにすることによって消耗品代を最小限に抑えることができます。

● ファイリングがラクラク!
従来のFAX機の場合、FAXは紙で出力されます。その用紙を整理整頓・纏めるために穴開けだったりと、いろいろ大変です。インターネットFAXでは、FAXの内容はデジタルデータに変換されるのでファイリング・管理をスムーズに行うことができます。

● 時間や場所に縛られない!
インターネットFAXはFAX機が不要で、FAXの内容は普段使い慣れているスマホ・パソコンで送受信できます。そのため、自宅やオフィス・出張先でもFAXを受け取ることができます。

● 格安に利用できる!
従来のFAX機を利用するときに購入・リース・レンタルの選択肢がありますが、どれも費用が高く、リース・レンタルだと毎月10,000円以上かかってしまいます。インターネットFAXは格安に利用することができ、1ヶ月の料金を5,000円以下に抑えることができます。

(2)アプリを使うことでさらに・・・!
各社のアプリを使うことで、さらに便利さが加速します。

● FAXの送受信をアプリで行える!
インターネットFAXの送受信は通常、ブラウザメニューでしか行えません。おそらく使いなれているのはパソコンよりもスマホだと思います。各会社のスマホアプリを利用することによって、FAXの送受信を簡単に行うことができます。

● 写真も送れる!
インターネットFAXのスマホアプリを使うことによって、フォルダに保存されている写真・画像を送信することができます。

(3)eFax《公式サイト》
「eFax」の料金プラン・特長を紹介します。

● 料金プラン
「eFax」では「月額プラン」と「年額プラン」の2種類の料金プランがあります。月額プランで契約すると税抜1,500円/月で、年額プランで契約すると税抜18,000円/年となっています。

FAXの送信・受信ともに毎月150枚までは無料となっています。150枚を超えた場合、1枚あたり税抜10円加算されます。

● 日本全国の市外局番を網羅
ほとんどのインターネットFAXの場合、選択できる市外局番は全国共通の“050”だけであったり、良くて主要都市の市外局番も選択することができます。「eFax」の場合、選択できる市外局番は全国共通の“050”だけでなく、日本全国の市外局番を選択することができます。

● 30日間の無料トライアル
機能などを公式サイトなどで知って、いざ契約してみたら「思ったよりも使いにくい・・・」というようなことが少なからず多いと思います。それを解消してくれるのが「eFax」です。

またトライアル期間あるあるとして「使える機能は制限されているんでしょ・・・」というようなことはありません。自分にとって良いと感じたらそのまま契約し、自分に合わないと感じたらやめれば良いだけです。

(4)メッセージプラス《公式サイト》
「メッセージプラス」の料金プラン・特長を紹介します。

● 料金プラン
「メッセージプラス」では「月払いプラン」と「年払いプラン」の2種類があります。月払いプランで契約すると税抜950円/月で、年払いプランで契約すると税抜9,500円/年となっています。

FAXの受信に関しては無料です。FAXの送信に関しては1枚あたり税抜15円となっています。メッセージプラス同士のやりとりの場合、FAXの送信が無料となります。

● 手書き機能
インターネットFAXで加筆・修正するときは一度プリントアウトしなくてはいけませんが、「メッセージプラス」の場合プリントアウトせずに加筆・修正することができます。

● 留守番電話機能
「メッセージプラス」で取得できる050から始まるFAX番号、それにかかってきた留守番電話をデータ化し、スマホ・パソコンでいつでも聞くことができます。

(5)「eFax」「メッセージプラス」のアプリ機能
● FAXの送受信がアプリ内で完結!
通常、インターネットFAXを利用するときはブラウザからでしかできません。各ストアから配信されているアプリを利用することによって、FAXの送受信・履歴を管理することができます。

● スマホカメラで撮影した写真をそのまま送信!
最近のスマホカメラは高画質なものが多く、小さい文字もハッキリと分かります。紙の資料や会議などで使用したホワイトボードを写して、そのままスマホアプリから送信することができます。

● コンタクトリストの利用!
スマホの電話帳などに登録されているコンタクトリストを利用する事によって、そのまま送信することができます。

(6)まとめ
いかがだったでしょうか。ペーパーレスで格安に利用できるインターネットFAX、スマホアプリを使うことでさらに便利になることが分かったと思います。まとめると、

● 「eFax」の特長として月額1,500円、日本全国の市外局番を網羅、30日間の無料トライアル期間、というのが挙げられる。
● 「メッセージプラス」の特長として月額950円、手書き機能、留守番電話機能、というのが挙げられる。
● スマホアプリの機能として「アプリ内でFAXの送受信ができる」「写真をそのまま送信」「コンタクトリストをそのまま利用できる」というのが挙げられる。

ということです。  

新型コロナで経営難?自営業向け経費削減術ランキング大公開!

題名:新型コロナで経営難?自営業向け経費削減術ランキング大公開!

流行している新型コロナウイルス、感染拡大防止のために緊急事態宣言が発令されました。それらの影響により、全国各地の店舗で売り上げが大幅に減り、経営難となっているところが多いです。

その経営難の原因となっているのが「経費関係」です。売り上げが激減している中、少しでも経営状況をよくするためには「経費削減」しかありません。そこで、経費削減が見込めるモノをランキング形式で紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

● 経費削減につながるモノとは?
● オススメの経費削減術は?
● 第3位~第1位は?

(1)昨今の情勢で経費削減できるモノとは?
新型コロナウイルスの影響を考えないのであれば、利益を上げるために経費削減をできるのですが、実際のところ難しいです。業種にもよりますが、昨今の情勢でも経費削減ができるモノを具体的に挙げると以下の通りとなります。

● 水道費・光熱費
● 出張費・交通費
● 電気料金
● 人件費
● FAX料金
● 電話料金
● 消耗品代

(2)第3位【FAX料金関連】
自営業経営をしていく中で使用していることの多い「FAX機・複合機」、おそらくFAXの送受信頻度が減っていると思います。

FAX機を使うときに紙やインクなど、いわゆる消耗品は減っていませんが、いつFAXが来るのか分からないので電源をオンにしていて電気代がかかってしまいます。

また普段のFAXを使うときに消耗品を使いますが、地味に費用が嵩んでしまいます。

そこで状況を問わずオススメしたいのが「インターネットFAX」です。格安に利用できるだけでなく、スマホ・パソコンで完結するので消耗品代がかかりません。

受信することはあっても送信することがない場合、オススメしたい会社は「メッセージプラス《公式サイト》」です。月額950円で利用でき、送信は1枚あたり15円、受信は無料となっています。

(3)第2位【電話料金関連】
普段から利用しているスマホ、大手携帯会社で契約している人にとっての悩みの代表が「毎月のスマホ料金が高い」というのが挙げられます。

「仕事でもプライベートでもよく使うけど、Wi-Fiがない(使えない)」という状況が一定数存在すると思います。モバイルWi-Fiを新しく契約しようにも、テレワーク化が進む影響DえモバイルWi-Fiの売り上げが急増し、品薄状態となっているのが現状です。

「データ通信容量(ギガ)を増やしたいけど、出費が増え困る・・・」という人にお勧めなのが、格安スマホに乗り換えることです。

「格安スマホに乗り換え」と聞くと、新しく端末を買う必要があると思いがちですが、SIMカードだけの契約もできます。そうすることによって乗り換え費用を安く抑えることができます。

「スマホをなるべく安く利用し、ギガは多めが良い!」という人にオススメしたい格安スマホは「楽天モバイル《公式サイト》」です。月額2,980円で利用でき、楽天通信エリアではデータ通信容量無制限となっています。

(4)第1位【電気代関連】
第3位の【FAX料金】にも関係してくるのですが、電化製品をいつでも使えるように常に電源がオンになっていることが多いと思います。

冷蔵庫とかは難しいですが、すぐに使わないパソコンや充電器・テレビなどはコンセントから抜いた方が良いです。待機電力による料金も「塵も積もれば・・・」ということです。

(5)まとめ
いかがだったでしょうか。自営業経営において、経費削減につながりやすいモノが分かったと思います。まとめると、

● FAX機関連はインターネットFAXにして変えて、格安に完全ペーパーレス化!
● 高いスマホ料金は格安スマホに乗り換えて、格安SIMだけの契約にして安く乗り換え!
● 普段の生活でも実践できる方法として、電気料金を抑えるには使わない家電のコンセントは抜く!

ということです。  

コロナ対策テレワークに最適!アプリが便利なネットFAXは

題名:コロナ対策テレワークに最適!どのインターネットFAXが便利か?
◆コロナ対策テレワークに最適!アプリが便利なネットFAXは

世界で感染が拡大している「コロナウイルス」の影響でテレワーカーが、主に在宅勤務者が増加傾向にあります。そのテレワークをしていく中で、今までと勝手が違うモノがあります。

それは「連絡・情報のやりとりに用いる手段」です。今まではオフィスで作業をする際に、FAX機・複合機を使って書類・資料を送信していたと思います。

では在宅勤務のときはどうでしょうか。家の中に業務用のFAX機・複合機はありません。小型のFAX機があっても、仕事用となると力量不足となってしまいます。

家に小型のFAX機の有無を問わず、自分が使っているスマホ・パソコンでできるFAXがあります。それは「インターネットFAX」です。そのインターネットFAXの中でも、使い勝手が良いモノを紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決することができます。

● インターネットFAXで最も安いのは?
● それぞれの会社のアプリにある機能とは?
● どの会社がコスパが良いの?

(1)昨今の情勢を考えて、求める要素とは?
世界各国で猛威を振るう「コロナウイルス」の影響で、テレワークをする人が増えてきています。テレワークのメリットとして、外出しなくてすむ、というのがあります。

逆に外出しないということは、各メディアでも取り上げられている通り、出費が増えます。特に仕事関連のモノは・・・。その一部として「インターネットFAX」も含まれます。つまり「料金・費用」についてです。

また、いくら「料金・費用」が安くても「機能面」が充実していなくてはいけません。

(2)eFax_公式サイト
● 費用・料金
初期設定費用:税抜 1,000円
月払いプラン:税抜 1,500円
年払いプラン:税抜18,000円
 受信費用 :毎月150ページまでは無料/151ページ以降は1ページあたり10円
 送信費用 :毎月150ページまでは無料/151ページ以降は1ページあたり10円
 支払方法 :クレジットカード/銀行振込/口座振替

● 機能面
1. 30日間の無料トライアル
利用しようと思っているインターネットFAXが、自分の使い方に適していなかったら意味がありません。そこで「eFax」では30日間の無料トライアルがあり、適しているかどうか試すことができます。

2. 便利なスマホアプリ
各ストアにある「eFax」のスマホアプリを利用することで、スマホカメラで写した資料やホワイトボードの内容を送信できたり、FAXの送受信がアプリ内で完結します。

(3)メッセージプラス_公式サイト
● 費用・料金
初期設定費用:税抜1,000円 ※年払いプランの場合 0円
月払いプラン:税抜 950円
年払いプラン:税抜9,500円
 受信費用 :0円
 送信費用 :1枚あたり15円 ※メッセージプラス同士は0円
 支払方法 :クレジットカード/口座振替

● 機能面
1. 留守電機能
「メッセージプラス」のFAX番号で着信した電話の内容をデータ化し、メッセージとして保存されます。その音声データは自分が使っているスマホ・パソコンで確認することができます。

2. 手書き機能
手書き機能を利用することで、受信したFAXにそのまま書き足すことができます。今までは一度プリントアウトする必要がありましたが、それを省くことができ、生産性・効率性が増します。

(4)秒速FAX_公式サイト
● 費用・料金
初期設定費用:無し
月払いプラン:無し
年払いプラン:無し
 受信費用 :受信不可
 送信費用 :~5,000枚は1枚あたり10円/5,001~10,000枚は1枚あたり9円/10,001~50,000枚は1枚あたり8円/50,001枚~は1枚あたり7円
 支払方法 :Toonesポイント(クレジットカード/銀行振込)

● 機能面
1. 予約配信機能
ブラウザFAX送信のときに予約配信機能を使うことができます。特定の日時を指定して、その時間になったら送信されます。予約可能期間は最大90日間となっています。

(5)秒速FAX Plus_公式サイト
● 費用・料金
初期設定費用:税抜1,100円
月払いプラン:税抜520円(SOHOプラン)/税抜840円(ベーシックプラン)/税抜1,030円(ビジネスプラン)
年払いプラン:無し
 受信費用 :SOHOプランは1枚あたり8円/ベーシックプランは1枚あたり3円/ビジネスプランは無料
 送信費用 :送信不可
 支払方法 :Toonesポイント(クレジットカード/銀行振込)

● 機能面
1. メール通知機能
メール通知機能をONにすることで、FAXを受信した際に指定したメールアドレスで転送されます。スマホ・パソコンでメール通知機能を使うことで、リアルタイムでFAXの内容を閲覧できます。

(6)MOVFAX_公式サイト
● 費用・料金
初期設定費用:税抜1,000円
月払いプラン:税抜980円(スタンダードプラン)/税抜3,980円(プレミアムプラン)
年払いプラン:無し
 受信費用 :毎月1,000枚までは無料/1,001枚目以降は1枚あたり税抜8円
 送信費用 :1送信2枚まで税抜8円
 支払方法 :クレジットカード

● 機能面
1. イメージ編集機能
パソコンやスマホにて、受信したFAX原稿に図形や文章の挿入、編集作業を行うことができます。編集する際にプリントアウトする必要がありません。

2. マイフォルダ作成機能
部門単位や担当別など、用途に応じてフォルダを作ることができます。またプレミアムプランのみ、自動振り分け機能があります。

(6)まとめ
いかがだったでしょうか。テレワークに適している「インターネットFAX」それぞれの会社の価格面・機能面が分かったと思います。「価格面」「機能面」「コスパ」についてまとめると・・・

● 価格面:MOVFAX>eFax>メッセージプラス>秒速FAX・秒速FAX Plus
● 機能面:eFax>メッセージプラス>MOVFAX>秒速FAX・秒速FAX Plus
● コスパ:eFax>MOVFAX=メッセージプラス>秒速FAX・秒速FAX Plus

ということです。   

新型コロナで必須!自営業向け3大経費削減術とは

題名:新型コロナで必須!自営業向け3大経費削減術とは

世界各国で流行している新型コロナウイルス、感染拡大を阻止するため「緊急事態宣言」が発令されました。その影響を特に受けているのが自営業です。

業種にもよりますが、収入が激減しているところが非常に多いと思います。そこで、仕事で必要なものに対して最低限の出費に抑える方法を紹介します。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

● 経費削減しやすく効率性・生産性を維持できるものとは?
● 経費削減の具体的な方法とは?
● どのくらい経費削減できるのか?

(1)こんな時こそ経費削減!
新型コロナウイルスの影響で売り上げが減り、なるべく出費は抑えたいところです。売り上げを伸ばすのが一番なのですが、正直昨今の情勢を考えると難しいです。

そうなると経費削減しかありません。そんな経費削減につながりやすいのが「FAX料金」「電話料金」「土地代」の3つです。それぞれについて解説していこうと思います。

(2)経費削減①~FAX料金 編~
自宅やオフィスに設置してあることの多い「業務用複合機」、おそらくレンタル・リースを利用していると思います。最低でも毎月10,000万円以上レンタル料・リース料を支払っていると思うのですが、それを半額以下に抑える方法があります。

それは「インターネットFAX」にすることです。格安に利用できるだけでなく、FAX機不要でスマホ・パソコンで完結します。普段使い慣れているスマホ・パソコンなので、従来のFAX機と比較して生産性・効率性がむしろ上がります。

そんな格安で利用できて生産性・効率性が上昇する「インターネットFAX」でオススメなのが「eFax《公式サイト》」です。月額1,500円で利用できて、毎月送受信150ページまでは無料で利用できます。それ以降は1ページあたり10円かかります。

(3)経費削減②~電話料金 編~
仕事でもプライベートでも使うことの多い「スマホ」、大手携帯会社で契約していると毎月かかる電話料金が高く感じます。実際、Wi-Fiがないところにとってはデータ通信容量を多めに契約すると思います。そうするとだいたい最低でも10,000円以上かかります。

それを解決を解決できるのが「格安スマホ」を使うことです。格安スマホを利用するといっても、新しく端末ごと購入するのでなく、SIMカードだけの契約をすれば良いのです。

そんな「格安スマホ」の中でオススメなのが「楽天モバイル《公式サイト》」です。月額2,980円の「RAKUTEN UN-LIMIT 2.0」で契約することにより、楽天通信エリアではデータ通信容量無制限で利用できます。

(4)経費削減③~その他 編~
自営業の場合「自宅と事務所が別」とするか「自宅兼事務所」にするかによって変わってきます。前者の場合、オフィスの土地代・賃借料がかかり出費がかさんでしまいます。

出費を抑えるためにも、後者の「自宅兼事務所」にした方が良いと思います。土地代・賃借代を抑えるだけでなく、自分のモノをフルに使えるので、使い勝手も良くストレスフリーです。

(5)まとめ
いかがだったでしょうか。自営業をする中で経費削減につながりやすい3つのモノが分かったと思います。まとめると、

● インターネットFAXにする!オススメは「eFax《公式サイト》」!
● 格安スマホに乗り換える!オススメは「楽天モバイル《公式サイト》」!
● 自宅兼事務所にする!

ということです。